シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

本音は? 久しぶりに会った女性に「ガッカリ」する残念な変化4選

久しぶりに会った人を見て「変わったな」と思うことってありますよね? キレイになった、明るくなったなど良い変化もありますが、残念ながら「ガッカリ」する変化も……。一体、どんな言動が「残念な変化」につながるのでしょうか? 今回は男性たちに聞いた「久しぶりに会った女性に“ガッカリ”する残念な変化」をご紹介します!

久しぶりでガッカリする残念な変化

1. 悪口や不満ばかり口にする

久しぶりに会って会話をしているときに「愚痴っぽい話題」が増えると「なんか変わったな」と残念な印象に……! 話しながら「あの人が嫌い」「ムカツク」など文句や悪口が増えたことに「ガッカリ」という声も目立ちました。

「久しぶりに学生時代の集まりがあって、当時良いなと思っていた女子と話をしたら『あの子って本当にムカツク』『夫がダメ男』など文句ばかり言っていたので、残念な変化だなって思った」(31歳・メーカー勤務)

▽ 悪口は聞いている方も嫌な気分になってしまうものです。ネガティブな印象を与えてしまうので、できるだけ控えめにしたいところ。

2. え、どなた? 風貌が変わった

キレイになった、明るい雰囲気に、オシャレに……と良い変化にたいして「残念な風貌になっていてガッカリした」という声も。外見がオバサン化したり、激太りしたり、身なりに気をつかわないなど「見た目にガッカリ」することもあります。

「久しぶりに会ったときに『え、誰?』ってなる人いますよね。身なりに気をつかわず、体型も大きくなって『だらしがない生活しているのかも』って」(33歳・通信会社勤務)

▽「幸せ太りなの~!」と明るい感じで言われたら「良いじゃん」となるそうですが、外見の変化にガッカリする男性も多いもの。美意識は大事にしたいですね。

3.メイクが濃く「厚化粧」になった

男性はナチュラルメイク支持派が多く、久しぶりに会ったら「厚化粧だった」ときにガッカリするという声も! 以前は薄いメイクだったのに、ファンデの厚塗り、囲みアイメイク、つけまつげ……と盛りすぎな感じに「残念だな」と思わずにはいられない?!

「昔はナチュラルメイクだった子が、厚化粧になっていたとき! ファンデが分厚いと、色々隠しているんだろうな~って年齢も感じてしまうので、正直ガッカリする」(32歳・飲食関連)

▽ 気合いを入れて厚化粧になると「前の方が良かった」とガッカリ? 久しぶりに会うときこそナチュラルメイクの方が好感度上がるという声も! カバー力の高いファンデを薄塗りにして素肌感を。

4. 自慢話やマウンティングをする

自慢話や上から目線の対応が増えると「残念」と引かれることも! あの子ってさ~とマウンティングしたり、ブランド品を見せびらかす、自慢話が増える……こんな言動に「内面の劣化」とガッカリしてしまうこともあるのだとか!

「金持ちの彼氏と付き合っているらしく、ブランド品を見せびらかしたり、リッチな生活を自慢したり。周りの女性に『あ、それプチプラでしょ?』と上から目線……なんか変わったな~と」(34歳・会社員)

▽ 上から目線な発言や自慢話は「不愉快」と思われがち。嫌な女になったな~とドン引きされることもあります。

まとめ

久しぶりに会ったときに「素敵な女性になったな」と思わせたいもの! ですが、こんな変化があると「ガッカリ」になってしまいます。外見の変化だけではなく、内面の変化に「昔の方が良かったな」と思われないように気をつけたいですね!