シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

朝こそ勝負!デキる人が密かにやってる「出勤前のプチ習慣」5つ

仕事をしていると、夜は急な飲み会が入って自分の時間がなくなったり、想像以上に疲れて力が残っていなかったり。

なにか習慣にしたいと思っても続かないことが多いですよね。

でも、誰にでも平等に用意され、活用できるのは“朝”の時間!

仕事をスムーズにスタートさせるために、朝、仕事前までに試してほしい習慣があるのです。海外の女性用情報サイト『all womens talk』からご紹介していきましょう。

 

■1:早起きをする

まずはいつもより30分でいいので早起きするようにしましょう。朝準備する時間が十分に取れていないと、その後の仕事もバタバタしてしまうもの。

30分のゆとりを持つことで、身支度や準備などをしっかり行うことができ、焦ったり慌てたりせず、スムーズに仕事を始めることができるでしょう。

 

■2:起きたら水を飲む

寝ている間に体の水分は外にでてしまい、朝目覚めたときは脱水状態になっています。まずは1杯の水を飲むことが重要。体の中に水分を入れることで、内臓も活動を始め、“今日がスタートした”ということを感じられるのです。

 

■3:今日やるべきTODOを確認する

仕事の細かいタスクまで確認しなくとも、「今日は銀行でお金おろさなきゃ」「美容院の予約しておかないと」など、仕事以外のことでもいいので今日やるべきことを確認しましょう。

確認しておくことで、心にゆとりができ、スムーズに仕事にとりかかることができますよ。

 

■4:運動する

朝の運動は、ダイエットにも効果的。15~20分程度簡単な運動をすることで、体にもパワーがみなぎり、やる気が出てきます。

体を動かすことは気持ちを入れ替えるために効果的なもの。ストレッチをする程度でもいいので、朝日を見ながら試してみてはいかがでしょうか。

 

■5:ポジティブな思考をもつ

朝起きて「今日も仕事嫌だな……」と思っていると、やはりそのように嫌な一日になってしまうことも。仕事に対してポジティブな意識を持つのは難しいかもしれませんが、朝起きたときに、周りの人へ感謝を述べるなど、前向きな言葉を口にするだけでも、今日1日に対する気持ちが明るくなるものです。

 

以上、仕事をスムーズにスタートさせるために仕事前までに試してほしい習慣をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

仕事によっては時間が読めない夜よりも、朝の時間をうまく活用するほうが、その日1日をよりよいものにできます。

ちょっとしたことなので、ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。

 

【参考】

※ what you should do every day before work … – all womens talk

あわせて読みたい