シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

最初が肝心! 彼ママに「いい子だね」と気に入られる振る舞い7つ

結婚を前提に付き合う際、絶対に失敗したくないことといえば彼ママとの関係ですよね。とはいえ彼ママとはなかなか会う機会がないので、最初の印象が悪いと挽回するのは難しいもの。しかし、一度のチャンスで彼ママにいい印象を持ってもらうというのも大変です。そこで今回は、彼ママに気に入られる攻略法をご紹介します!

手土産は親の地元のものを持参

現在住んでいる場所で手に入るものではなく、親の地元のものを持っていくと、ちゃんとしている印象を与えるだけでなく親の印象もよくなります。ちょっと変わったものを持っていくと話のネタになりますし、真面目な子だと思われるかもしれません。

服装はシンプルに

キレイめでシンプルな服装が好まれる傾向にあります。可愛らしすぎる服や個性的な服は好みがわかれますので、シンプルで女性らしさがあるものをとり入れるようにしましょう。スカートをはく際は、膝上より膝下のものを選ぶといいですね。

顔がはっきり見えるヘアアレンジをする

長い髪は下ろしたままではなく、結んで顔がよく見えるようにしましょう。ハーフアップにしてもいいですね。顔に髪がかかると暗く見えてしまいますし、少しでも清潔感はアピールしておきたいところ! 毛先だけ巻いて低めにポニーテールをするだけでもじゅうぶんです。

丁寧な言葉を使う

難しい言葉を使う必要はありませんが、できるだけ丁寧な言葉を使うように心がけましょう。話している雰囲気で普段の仕事の様子や立ち位置などがなんとなく見えてきますし、自分のよさを会話でアピールできるチャンスです!

率先してお手伝いをする

彼ママがお茶をいれる、高いところにあるものをとる場合など、率先して声をかけるようにしてみてください。恥ずかしくて言い出せないというのはもったいないですよね。欲張りながらどんどんアピールしていきましょう。こういった気配りを嫌がる彼ママはいません。

笑顔は絶やさない

当然、愛想はいいほうがいいですよね。話を聞いている間も常に口角を少し上げるイメージで、笑顔を絶やさないようにしましょう。真顔が悪いわけではありませんが、明るい印象を持ってもらうために意識するというのは大事なことです。

彼を立てる

自分を下げすぎると自己肯定感が低いと思われてしまうので、自分を下げすぎずに彼を立てるようにしましょう。「疲れていると彼が助けてくれる」「いつも周りを見ている」など、なんでもOK。自分の息子のことを褒められるのは、自分のこと以上にうれしいものですし、たくさん褒めてくれる女性に対して嫌な印象は持たないですよね。もちろん、おおげさなのはNGです。

まとめ

彼ママに気に入られるためには、恥ずかしさを捨ててどこまでアピールできるかがポイントです。緊張して上手に話せない、顔が引きつってしまう……それでも問題ありません。自分ができる精一杯のアピールをすれば、彼ママが「いい子だね」と思ってくれることでしょう。気負いすぎず、自分のよさを出していってくださいね。