シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

時間のムダ遣い…!? 「その仕事はすぐ辞めるべき」ヤバいNG状態3つ

みなさんは、今している仕事や会社に満足していますか?

働いている人なら、おそらく仕事をしている時間は、一日の中でも長い時間を占めているのではないかと思います。そう考えるとやっぱり楽しい仕事、好きな仕事をしていた方が良いですよね。

精神的にも肉体的にも一日のうちで嫌な仕事のために大半の時間を費やすのは、あなたの人生において大きな損失かもしれません。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や、海外の情報サイト『all women stalk』などの記事を参考に、“その仕事はソッコーで変えるべきという状態3つ”をご紹介します。

もし仕事をしているときに、こんな状態になっていたらすぐに仕事を変えることを検討してください。

 

■1:どうしようもなく疲れる

もちろん、仕事をしていれば疲れます。楽な仕事はそうそうありません。

しかし、その疲れ方が問題です。毎日が精神的にも肉体的にも疲れきって、まるで抜けられない底なし沼にハマってしまっているかの状態になってしまい、大きな苦痛を伴っている。

やる気が全く起きずに、毎日の仕事や出勤が憂鬱でたまらない。

こんな状態になっていたら、すぐに転職を考えるべきでしょう。貴重なあなたの人生の時間を無駄にしているのかもしれません。

本当にその仕事を続けている意味があるのでしょうか? 誰しも人の時間は限られています。考えてみてください。

 

■2:しばらく同じことをしている

あなたは仕事を通じて、自分自身の成長を感じることができていますか? もし、そのような成長が感じられていない、たとえば会社内で上のポジションが詰まっていて、しばらく現状を維持している状態である。

つまり自分の成長が見込めないようであれば、すぐにでもその会社を後にした方が良いかもしれません。

人生は長いようでいて短いものなのです。もしかしたら、現状維持で同じことを数年していること自体がマイナスになってしまっていることすらあり得ます。

同じことをしているというのは、あなたの人生にとってプラスではないのかもしれません。

 

■3:仕事が世の中に役に立ってないと感じる

もし、あなたのしている仕事が世の中の人のためになっていないと感じるのなら、それも要注意です。

もちろん、必ず世の中に大きな影響を与えていないといけない、人の役に立っていないといけない、ということではありません。

しかし世の中や周りの人に何かしらの影響を少しでも与えられていると、仕事も楽しくなりますよね。

あなたの仕事を必要としてくれている人がいる、と感じることは素晴らしいことです。

もしあまりそうしたことが感じられないようでしたら、今の仕事は変えどきかもしれません。

 

以上、“その仕事はソッコーで変えるべきという状態3つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

誰しも人生の時間は限られています。どうせなら、いやいや仕事を続けるのではなく、その仕事の時間も楽しく有意義に時間を使いたいものですよね。

もしこんな状態になっていたら、仕事を変えることをちょっと考えてみても良いかもしれません。

 

【参考】

※ 7 Signs You Should Change Careers – all women stalk

あわせて読みたい