シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

昨日と同じ服じゃない?…と言われない「通勤服」の着こなしテク

通勤の服、毎日なにを着ていこうか悩みますよね。

いっそのこと、中学校や高校みたいに制服があって、家からそれで行けたらいいのにっておもうこともあるはず。

そしてときには、彼氏とおもわぬお泊まりデートになってしまい、昨日と同じ服で出社というハプニングも、社会人になれば一度くらいはあるでしょう。

そこで今回は、「昨日と同じ服じゃない?」といわれないための、通勤服の着こなしテクニックを紹介したいとおもいます。

 

■通勤服にまつわる悩み

本当にお泊まりデートで同じ服というわけじゃないにもかかわらず、「昨日と同じ服じゃない?」といわれた経験ありませんか。

雑誌『steady.』がアラサーOL1,000人に調査したところ、同じような印象になる(28%)、着まわしがうまくできない(20%)、似た色ばかりを買ってしまう(19%)と、ファッションのマンネリ化で悩んでいるひとが多いことがわかりました。

 

■ふんわりスカートとワンピース

『steady.』によれば、OLに人気のふんわりスカートやワンピースを同じ印象に見せないためには、いくつかポイントがあるのだとか。

たとえば、ふんわりスカートとシフォンブラウスの組み合わせの場合、トップスをコンパクトに見せる、柄を取り入れる、いつもと違うテイストの小物を投入するというのがポイントなのだとか。

また、カーディガンとワンピースの組み合わせの場合、カーデの着方に変化をつける、インナーに色や柄を入れる、ウエストマークするのがポイントなのだそう。

つまり、このポイントに気をつけるだけで、昨日着た服と同じ印象に見せないことができるんです。

これは、彼氏との予期せぬお泊まりデートにも応用できるわけです。着替えに帰る時間がない、替えの服を買う時間もお金もないというときに、このポイントを利用して着こなしを変えれば、会社の人たちからはちょっと違った印象に見えるはずです。

 

いかがですか。これからの夏ファッション、冬よりもアイテム数が少なくなることでより同じ印象に見えてしまいがち。ちょっとしたことが、昨日と違うあなたを見せるポイントなんですね。

 

【参考】