シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

早く気づいて! ふたりの関係にヒビが生じつつあるサイン6つ

「お互いに好意を抱いて付き合い始めたのに」「いつの間にか気持ちが冷めてしまった」あるいはすれ違いが生じてしまったというのはどういうわけでしょう? それは決して突然そうなるわけではなく、なにかしらの予兆があったはずです。
今回はそんなふたりの関係にヒビが生じつつあるサインをまとめてみました!

関係にヒビが生じつつあるサイン

1. 仕事や趣味など、生活を充実させようという気持ちが低下している

恋愛が充実していると、それ以外のことも自ずと”もっと頑張ろう”という気持ちになって、自分を磨こうというモチベーションが上がっていくものです。
それなのに仕事や趣味など恋愛以外のことにやる気が出ない、中途半端に終わってしまうというのは、じつは恋愛からのポジティブなエネルギーが低下している証。恋人がいるのになぜぱっとしない日々なのか、よく考えてみて。

2. いつの間にか愛情表現よりも、相手に対する文句や愚痴が多くなっている

恋人に”大好き、愛してるわ”とストレートに愛情表現できているでしょうか。いつの間にかそんな恋愛テンションも失せ、デートをしていても相手の欠点やクセばかり気になって、イライラしてしまうというのは、恋心が冷めつつあるサインです。
本当に愛し合い、認め合っているカップルならそんな短所すら、愛おしく思えてくるものではないでしょうか。

3. 冷静さをキープできず、感情的になりやすい

信頼できる恋人がいる、というのは精神的にも大きな安心感や安らぎをもたらしてくれます。
自分をしっかり受け止めてくれる人がいると、ちょっとしたことでイライラしたりしないし、他人に対しても寛容になれます。でも恋人といるときどういうわけか、感情的になりやすい、冷静になれないというのは相手に対する苛立ちや不信感が募っているということ。どうしてそうなってしまうのか、自分の気持ちをよく探ってみましょう。

4. 自己肯定感が下がり、自分に対してネガティブな感情が芽生えやすい

誰かから深く愛されると、そんな自分を誇りに思えるし、自信がついて自己肯定感につながっていきます。でもせっかく恋人がいても口が悪くていつもダメだしされていたり、あるいはレベルの高い彼に引け目を感じて卑屈になったりすると、自己肯定感も下がり、ネガティブな感情が芽生えやすくなってくるでしょう。
そうなると恋愛に対しても後ろ向きな気分になってしまい、ふたりの間にヒビが入るのは時間の問題と言えそうです。

5. 問題が起こったとき、カップルとして協力しあうどころか、かえってケンカになる

付き合っていればどうしたって問題やトラブルだって出てくるもの。それをふたりで正面から受け止め、乗り越えていけるかどうかが、大きなポイント。
それなのにそうした問題があるたびに相手のせいにしたり、文句を言ってかえってケンカになるようなことが多かったら、それはカップルとして必要な信頼関係やパートナーシップが築けていないようです。そんな状態だと気持ちも離れていってしまいます。

6. どちらかがやたらと嫉妬深く、相手をコントロールしようとしている

ふたりの関係のバロメーターとなるのが嫉妬心。愛すればこその嫉妬というのはもちろんあるでしょう。とはいえ単に相手を信じきれない、自分の都合のいいように相手をコントロールしたいという感情が動機となっている嫉妬はとてもやっかいです。
「どちらかが嫉妬深い」「連絡やメールチェックなど束縛されている感じがする」という場合はそもそもふたりの関係がギクシャクしている表れでもあるのです。