シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

日焼け直後の美白ケアはご法度!?正しいアフターサンケア

夏は、海に山にと外へ出て活動的になれる、絶好の気候。でも、うっかり日焼けしちゃった後のケアの仕方には注意して。実は、すぐに美白化粧品を使ってはいけないんです。

女性の美肌づくりを応援する Web マガジン|Life & Beauty Report

■日焼け直後の美白化粧品がダメな理由

日焼けしたあとは、急いで美白ケアしないと!と、勢い余って美白化粧品に手を出すのはNG。顔もボディーも日焼けはお肌にとって「炎症」、一種のやけどと同じです。
炎症を起こした肌に美白有効成分の入った化粧品は、刺激が強すぎてしまいます。美白化粧品を使うのは、赤みやほてりがなくなってからにしましょう。


■正しいアフターサンケア

日焼け後の正しいケアの方法は、意外とシンプルです。

・鎮静

やけどのように焼きすぎてしまった肌は、まずは冷やすことから。氷水で濡らして絞ったタオルや、保冷剤をタオルで巻いて肌に当てます。この時、氷や保冷剤をそのまま肌に直接置くのは、さらに乾燥を招いてしまうのでNG。必ずタオルなどに巻いてからにしましょう。
ほてりが落ち着いたら保湿を。敏感肌用など刺激の少ない化粧水を、少しずつ手に取ってつけていきます。化粧水を冷蔵庫で冷やしておくのも有効。ちょっとでもヒリヒリしたら、軟膏やヴァセリンに変更しましょう。

・栄養

外側からだけでなく、内側からのケアもしっかり行います。日焼け後は、メラニンの生成が既にはじまっているのと、ターンオーバーを良くするためにも、食べ物を軽く見ることはできません。緑黄色野菜からビタミンA・C・Eを摂るようにし、肌をつくる良質なタンパク質もたっぷり摂取しておきましょう。

・休養

栄養を補給した後は、休養することで肌の修復力を高めていきます。十分な睡眠で肌も体も休ませることが、アフターサンケアの重要項目でもあるんです。


日焼け後は焦って何かを塗るというよりも、まず身体を休ませて内側からケアしていくことが大切。また水分も奪われているので、いつも以上に水分補給をしておくこともお忘れなく。

思い込みのケアで肌を傷つけることのないように! うっかり日焼けの後は、きちんとしたアフターケアで優しく肌をいたわりましょう。


(ささきひろこ)