シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

日清がホストクラブを始めた結果…中毒性高し! シャンパンコールではなく「ヌードル食べコール」の歌詞がヤバすぎる

つい先日、ハイローにしか見えない新CMを公開したカップヌードルが、またしても攻めの姿勢全開な動画をリリースした模様。

2018年4月3日よりウェブ限定で公開されているのは、架空のホストクラブ「Club Es」のイケメンホストたちハイテンションなコールで食欲を盛り上げてくれるミュージックビデオ、「ヌードル食べコール」です。

見目麗しいホストたちが甘~い美声で歌ってくれるのは、「カップヌードル エスニックシリーズ」の各商品を楽しく食べることができる「ヌードル食べコール」で、圧倒的なおもてなしに身も心も痺れてしまいそうになるんですよ~!

【なぜこんなことに】

ホストがコールしてくれるというとんでもなくブッ飛んだ企画が生まれたのは、「カップヌードル エスニックシリーズ」の「トムヤムクンヌードル」と「シンガポール風ラクサ」のリニューアル、そして新味「ブラックペッパークラブ」の発売がきっかけ。

新しくなった「カップヌードル エスニックシリーズ」をテンション爆上げで食べてもらおうと考えた日清がたどり着いた答えがホストクラブでした。

【めっちゃ耳に残るな…】

「ヌードル食べコール」は商品の数にちなんで合計3パターン。「Club Es」幹部を務める、 “パクチーのカリスマ” こと十夢夜(とむや)が担当する「トムヤムクン篇」のコールは次のような感じです。

「いいパクチー(あ、それ!)  いいパクチー!(あ、よいしょ!)  ホントにイケ麺いいスープ!(トムヤムクン!)」

幹部補佐を務める、 “スパイスの王子” こと楽園(らく)担当する「ラクサ篇」のコールは、

「ララクサクサクサ! ララクサクサクサ! ララクサクサクサ! 食べて! (もういっちょ!)」

でして、聞けば聞くほど、楽しんごさんの「ドドスコスコスコ」を連想してしまいます(わたしだけじゃないよね?)。

そして期待の新人、 “痺れるニューフェイス” こと黒胡椒蟹(ぶらぺ)が歌う「ブラックペッパー篇」のコール、

「ピリピリピリー! ピリピリピリー! ピリピリピリー! よし来い!
ブラックペッパーニューフェイス ふわふわ玉子〜!よし来い!
バターが〜 香る〜 追いオイル(別添!)」

もやたらキャッチーで、気がついたら無意識に「ピリピリピー!」と口ずさんでしまうから厄介……!

【声優陣が豪華すぎて鼻血】

3人のホストたちの声を担当している面々もこれまたスゴくて、十夢夜(とむや)を担当するのは、『テニスの王子様』の跡部景吾役でおなじみの諏訪部順一さん。

楽園(らく)を担当するのは、『おはスタ』のメインMCを務める花江夏樹さん。そして黒胡椒蟹(ぶらぺ)を担当するのは、『刀剣乱舞-花丸-』加州清光役や『僕のヒーローアカデミア』切島鋭児郎役でおなじみの増田俊樹さんと、とんでもなく豪華なんですよ。

【世界観が意味不明すぎるけどクセになるっ!】

ホストクラブ未経験者でもきっと、こんなホストクラブなら行ってみたいと思うはず!

ミュージックビデオの世界観もこれまたブッ飛んでいて、パクチーのお風呂に入ったり、カップヌードルとベッドを共にしたりとわけがわからないので、最後までじ~っくりとご覧になってみてください♡

参照元:プレスリリース、日清カップヌードルYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch