シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

既婚者vs.未婚者…太りがちなのはどっち?「BMI値を比較」欧調査

カップルが結婚すると互いの体を気にかけたり、互いの食事を気づかうようになったりすることから、結婚は健康に良いことをもたらすと考えられ、これまでの様々な研究でも、それが証明されてきていました。

しかし、ヨーロッパで行われた大規模調査によって、既婚者は未婚者よりもBMI値が高くなっていることが判明しました。結婚することで、生活習慣にどのような変化をもたらすものなのでしょうか?

 

男女ともに既婚者はBMI値が増加

ドイツの研究チームが、身長と体重から導き出されるボディの指標であるBMI(ボディ・マス・インデックス)の値と結婚に、どのような関連性があるか調査しました。フランス、イギリス、イタリア、ドイツ、オーストリア、オランダ、スペイン、ポーランド、ロシアの9か国に暮らす10,226人を対象に、結婚の有無とBMI値を分析。

その結果、未婚男性の平均BMI値は25.7で既婚男性は26.3、未婚女性は25.1で既婚女性は25.6で、未婚の人よりも既婚の人の方が、男女ともにBMI値が高いことがわかったのです。しかもこの傾向は、国による大きな違いはほとんどありませんでした。

結婚している人としていない人のBMI値の差は0.5程度とほんのわずかに見えますが、男性の平均身長180cm、女性なら165cmで考えると約2kgの体重差が生じていることになり、決して軽視できるものではありません。

 

結婚すると運動習慣が減る!?

結婚すると数kgの体重が増加してしまうのは、一体なぜなのでしょうか? 

同調査では生活や運動習慣についても聞き取り調査を行っており、それによると結婚したカップルは未婚の人に比べて調理済みなどの便利な食品の量が減ったり、オーガニックなどの食材を好む傾向にあることがわかりました。

食事に関しては体に良いものを好むようになる一方で、結婚すると未婚の人に比べてスポーツを行わなくなっていることも明らかとなったのです。シングルだと自分一人の自由な時間が多く、そのため運動を行う時間が既婚者よりもきちんと確保できるのかもしれません。

 

現在結婚している方は自分やパートナーのBMI値が増えていないか、運動の習慣が少なくなってしまっていないか、今一度確認してみましょう。そしてシングルの方は、もっと食べ物に気を配るようにしてみてはいかがでしょうか?

ちなみにBMIは、体重(kg)÷(身長<m>×身長<m>)で計算でき、世界保健機関(WHO)が“標準”と定めるBMIは18.5以上~25未満で、18.5未満を“痩せ”、25~30未満を“肥満”、30以上を“高度肥満”としています。

 

【参考】