シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

数学者がTEDで語る「出会い系で勝てる」意外な恋愛方程式とは?

TEDといえば、英語を勉強したいひとだけではなく、さまざまなブレイクスルーが得られるということで、ビジネスパーソンたちにも大人気の講演会。

いつも、研究者だけではなく、エンターテイナーやデザイナーなど、様々な分野のひとたちが登場します。

そこで語られるのは、貧困問題や環境といったグローバルな話ばかりではなく、恋愛をテーマにしたものにまでおよびます。

今回は、そんな恋愛にまつわるTEDの講演会のなかから、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの数学者Hannah Fry氏が語る、出会い系で勝てる恋愛方程式を紹介したいとおもいます。

 

■出会い系の必勝方程式

Hannah Fry氏がまず語るのは、インターネットによる出会い系の必勝法。

どうやら、魅力的な容姿だからといってモテるとは限らないようなんです。たとえば、女優のポーシャ・デ・ロッシのようなひととサラ・ジェシカ・パーカーのようなひとがいたとします。

ポーシャは誰からも美しいといわれますが、飛び抜けて美人というわけではないですよね。反対に、サラは美人だというひともいれば、そうではないというひともいます。じつはふたりの魅力を評価すると、ほとんどかわらないんです。

Hannah Fry氏によれば、これが大事なんだとか。

つまり、多くのひとはポーシャに5段階で4くらいの評価をし、みんなの評価が集中します。ですが、サラの場合は1のひともいれば5のひともいて、平均すると4でも評価に広がりがあるわけです。

出会い系サイトでは、みんなが“普通にかわいい”と平均的な興味を示すよりも、たとえ何人かでも“すごくかわいい”と、飛び抜けた評価をしてくれることが大事なんだとか。

たしかに、無難に人気があるよりも、出会い系では「このひと!」というひとを見つけたほうがいいですよね。

それにアプローチをする側からいえば、みんながかわいいというポーシャよりも、賛否が分かれるサラのほうが競争相手が少ないということ。

 

■具体的な戦略

では、具体的にはどうすればいいのか。

Hannah Fry氏は、太っているひとはそれを隠そうとせず、むしろ強調すべきといいます。たしかに、写真を修整してまでかわいくみせても、実際にあったときにウソはばれるもの。

それだったら、むしろ隠すのではなく、ありのままの自分をみせ、太っているひとが好きな男性を見つけるべきというんです。

 

いかがですか。

出会い系に限らず、お見合い写真や面接写真、それにFacebookやLINEのプロフ写真にもいえることですよね。

つまり大事なのは、万人受けすることではなく、むしろありのままの自分を受け入れてくれるひととめぐり逢うほうが幸せということのようです。

 

【画像】

Martinina/Shutterstock