シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

数字とカップより●●が大事!残念バストを回避「下着プロのブラ選び」

世間は、セール真っ只中。お気に入りのショップで、以前から欲しかった洋服をお得にゲットできた方もいらっしゃると思います。中にはセールの時こそ、普段なかなか手が出せない高級な下着を買いたいと、セールに参戦する方も多いのでは?

でもその下着選び、本当に正しいですか? 「お洋服のように“サイズがあった”といって安易に買ってしまうと、みるみる体型が崩れてしまう可能性があります」と、オートクチュールランジェリーブランド『emeth』(エメス)のデザイナー中島絹代さんは話します。

そこで今回は、中島さんに市販のブラジャーの正しい選び方を教えて頂きました。

 

■離れバストになる失敗選び

市販のブラジャーを買う際に、必ずチェックする項目といえば、ブラジャーに記載してあるサイズ。あるいはお店で採寸してもらった上でサイズをチェックして、その通りのサイズのブラジャーを購入していると思いますが、実は、これがそもそもNGなのだとか。

「お店で採寸してもらったアンダーサイズより、プラス5~10cm上のサイズのブラジャーを選びましょう。たったこれだけで背中のラインをスッキリ見せられ、結果ボコボコとアンダーにお肉がのってしまうのを回避できるんです。さらに離れおっぱいを防ぐことができるんですよ」と中島さん。

これからは美乳のために、採寸サイズと表記サイズをそのまま購入するのは避けてみて。

 

■バストを小さくしてしまう失敗選び

市販のブラジャーを購入する際に、恐らく多くの女性が気にするのはカップサイズかと思います。しかし、これもNGとのこと。

中島さん曰く、「カップ選びよりも大事なのは、むしろワイヤーの幅選びなんです。バストの横幅全体を包み込めるワイヤーのサイズかどうかを、必ず試着して確かめてください。バストより小さいワイヤーのブラを選ぶと、バストを小さくしてしまうんですよ」とのこと。

これは大変! 自分でバストを小さくしてしまわないためにも、これからはカップよりもワイヤー重視で選びましょう。

 

■バストを魅力的に見せてくれる意外なチェックポイント

市販のブラジャー選びにおいて、最後に重要視して欲しいポイントを、中島さんが挙げてくれました。

「パットは、取り外し可能な物を選ぶのがポイントです。美乳を目指すなら、普段はパットを外して着けたほうがバストにはよいんです。お洋服のデザインによって、バストのボリューム感をより演出したい時にだけ、バットを着けるようにするとよいですよ」とのこと。

 

以上、市販のブラジャーを買う時に必ず心掛けて欲しいポイントをご紹介しました。上記を意識して購入しないと、“ダメダメバスト”になってしまう可能性大! 早速、美乳作りに活かしてくださいね。

 

【取材協力】

※ 中島絹代・・・Body Styling Salon『de VOLTA』オーナー。オートクチュールランジェリーブランド『emeth』デザイナー。9 年間大手女性下着会社の販売員を勤め、女性のランジェリーの知識を習得。退社後、女性のボディラインと皮下脂肪、女性下着について研究を重ね、独自の施術技術を確立し、サロンをオープン。2012年、『emeth』を設立。