シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

手にいっぱいvsひとつずつ「ポップコーンの食べ方」で性格診断

2015年10月21日といえば、なんの日か知っていますか?

「はい」というひとは、かなりの映画通。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』のマーティとドクが過去から乗り込んでくる日が、2015年10月21日なんです。

あまり、女子はピンとこないかもしれませんが、映画のなかに登場するタイムマシーンのデロリアンや自動で靴ひもが締まるスニーカーに、男子たちは心躍らせます。

そんな日だからこそ、カレは久しぶりに「映画でも見に行かない?」って、あなたを誘うかも。

そうしたら、ぜひ、カレと一緒にポップコーンを食べてみましょう。

そして、カレのポップコーンの食べ方をチェックして欲しいんです。

イギリスの情報サイト『MailOnline』が以前に伝えたところによれば、2,000名を対象とした調査によって、ポップコーンの食べ方でそのひとの性格がわかるというんです。

いったい、どんな食べ方をすっれば、どんな性格なのでしょうか。

記事をもとに、詳しく紹介します。

 

■性格が外向的か内向的か

まずは、性格が外向的か内向的かによっても、食べ方が違うのだとか。手のひらいっぱいにポップコーンをつかんで食べるひとは、外交的。

ひとつずつ取って食べるひとは、内向的なひとが多いというんです。

 

■食べるスピード

食べるスピードの違いも性格の違いが反映しているのだとか。

食べるのが遅いひとは頑固で自己中心的な性格、食べるのが早いひとは自分のことは後回しにして他人を優先させる思いやりのある性格のひとが多いというんです。

 

いかがですか。これは、ポップコーンだけではなく、日頃の食事の仕方にも当てはまるかもしれません。

ですが、ポップコーンを食べるときって、けっこう油断していますよね。だからこそ、より本当の自分がでやすいんです。

もし映画に誘われたら、ぜひカレのポップコーンの食べ方に注目してみてくださいね。

 

【画像】

Karramba Production / Shutterstock