シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

憎き夏ニキビ!夏の肌荒れやニキビを深刻化させるNG行動3つ

夏の肌悩みのひとつが、突然現れてはなかなか消えてくれないニキビ。ニキビの原因を知らずに思い込みでケアをすると悪化してしまう可能性も。夏のニキビ対策で「汗をかいてもそのまま放置」「過剰な洗顔」「紫外線対策が万全ではない」人は危険信号ですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■夏はニキビが深刻化しやすい

皮脂の分泌が増えたり、紫外線による活性酸素が原因でニキビができやすいこれからの季節。正しい知識をもってケアをしないと、悪化してしまう可能性も。夏場にやってしまいがちなNG行動を自覚して、ニキビを作らない、悪化させない、正しいケアをおこないましょう。

■夏にニキビを深刻化させるNG行動

(1)汗をかいてもそのまま放置

汗をかいて皮脂が溜まる、アクネ菌やブドウ球菌等が増え、炎症を起こしたりニキビを悪化させてしまいます。菌を増殖させないためにも、汗をかいたらそのまま放置するのではなく、清潔なタオルで拭ったり、なるべく早い段階で洗顔するようにしましょう。

(2)過剰な洗顔

皮脂を溜めないことが大切だからといって、過剰な洗顔をしすぎてもニキビ悪化につながる恐れがあります。夏は紫外線やエアコンなどの影響で肌が疲れていたり、思っているよりも乾燥しています。バリア機能が低下している状態では、洗顔が肌への刺激となったり、皮脂の取りすぎにより、逆に皮脂の過剰分泌を招くことにもあるので、適切な湯温や洗い方を守った正しい洗顔を1日2〜3回行うことが大切です。

(3)紫外線対策が万全ではない

実は、紫外線もニキビの原因となることを知っていましたか? ニキビの原因であるアクネ菌の代謝産生物であるポルフィリンは、紫外線によって活性酸素を発生させ、肌に刺激を与えます。ニキビができやすくなるだけでなく、肌荒れの原因にもなるので、紫外線対策はしっかりと。ニキビができてしまっているときは、帽子や日傘、ニキビ用の日焼け止めなどを使用して、肌に負担をかけずに紫外線対策をおこないましょう。

ニキビとは無縁の楽しい夏を過ごすためにもNG行動をしないように心がけたいものですね。

(前田紀至子)

【参考】
紫外線や汗に注意!夏に大人ニキビが悪化する理由 – シーズ・ラボ
大人ニキビのケアに重要な「紫外線対策」 – Lidea – ライオン株式会社