シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

愛しているのに「結婚したくない」という男ゴコロの謎に迫る!

「結婚したくない」という彼は、はたして悪い男なのでしょうか……? 確かにとても傷つく言葉ではあるけれど、その発言で女性がどれだけ悲しむかについての想像を男性側が欠いているように、その発言の裏にある男性の気持ちを、女性側もつかみきれていないのかもしれません。

結婚したくないのは女性のせいではない

女性が「結婚したくない」または「結婚する気はない」と言われてなぜ傷つくのかといえば、自分が結婚相手として不足しているところがあるせいだと感じてしまうからなのでしょう。けれど実は男性の結婚したくない気持ちは女性のせいではなく、簡単にいえば「オスとしてのけじめをつけられていないから」なのだそう。
まったく理解できないわけではないけど、やっぱりつかみどころのない男ゴコロ。「オスとしてのけじめ」とは具体的にどんなものなのでしょう。

男性が答える「結婚したいと思う理由」

結婚したがらない男ゴコロの謎を追うべく、結婚適齢期ともいえる30歳手前の男性に話を聞いてみました。
単刀直入に「男の人はどういうときに結婚したいと思うのか?」という質問をしてみたところ、「勢いがあるとき」「自分の年齢と恋人の年齢を考えたとき」「仕事が安定して経済的余裕ができるとき」「恋人とつき合って数年たつとき」「この人以上の人はもうあらわれないと思うとき」という5つの回答がありました。
一般的によく聞く答えとあまり差はなく、とりあえず女性が思う「男性が結婚を決めるタイミング」とズレはなさそうです。

やっぱり女性にも原因があるのでは?

そんな当たり前な理由をあげられてしまうと、自分はそれらを満たすほどの女ではないんじゃなかろうか? と、やはり勝手にすべての責任を背負って不安を感じてしまいますよね。けれど、その5つの理由が満たされないから結婚が決められないのかというと、一概にそうともいえないようで……もっと感覚的な原因があるのだそう。それが例の「オスとしてのけじめ」に繋がるわけです。

結婚に踏み切れなかった本音

「それがすべてではないけど、要するにもう少し遊びたい。既婚者っていうだけでモテなくなるというのもあるかもしれない。あとは、結婚式とか親戚への挨拶がなんか面倒で」と、この30歳手前になるまで結婚に踏み切れなかった男性は語ってくれました。
何を隠そうこの彼、やりたい仕事が軌道に乗らず、歳だけをとっていく半端な自分に嫌気がさして、1年間ほど女遊びをしていたのだとか。
結婚に踏み切れない理由を女性のせいにする輩もいるけれど、そうではなくて、あくまで男性自身のなかでケリがついているかいないかの問題だとこの彼は語ります。早くに結婚を決めた男性と、独身のまま年齢を重ねてきた男性の違いは、その男性が出会った女性の魅力の差ではなくて、そのときに勢いがあるかないか……ただそれだけなのかもしれません。