シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

意識しちゃうだろ! 男友達がドキッとしてしまう女子のひと言4つ

男友達のことを好きになってしまった……。でも気持ちを伝えて友情を壊したくないし。そんなときは「どうアピールしたらいいか」と困ってしまうものですよね? それなら、彼をドキッとさせる言葉で「女として意識」してもらう作戦はどうでしょうか?
今回は、男性たちに聞いた「思わずドキッとしてしまう女子のひと言」をご紹介します。

男友達がドキッとしてしまう女子のひと言

1. 「○○君ってモテそうなのに、どうして彼女いないの?」

女友達から「A君って優しくてかっこいいのに、どうして彼女いないの?」などと聞かれて、ドキッとしたことがあるという声もありました。それって「俺に好意があるってこと?」「付き合ってもいいってこと?」と期待してしまうこともあるそうです。

「『K君っていつも優しいし、モテそうなのにどうして彼女いないの?』とか聞かれると、それって彼女になりたいってこと? と舞い上がってしまうかも。『私じゃダメ?』とか冗談ぽく言われたら、かなりドキッとしますよね」(29歳・メーカー勤務)

▽ モテそうなのにね、と褒めつつ「私みたいな子はどう?」と冗談っぽく聞いてみるとドキドキさせられるそうです。

2. 「○○君の彼女になれる子は、うらやましいな」

自分が彼女になれるかどうか、はさておき「A君の彼女になれる子は、絶対幸せだよね~」「うらやましいな」と褒める感じで言われると「もしかして彼女になりたい?」と、意識してしまう男性も少なくないようです。

「『Iさんって優しくてかっこよくて、彼女になれる女性がうらやましいな~』と独り言っぽくつぶやかれたときに、かなりドキッとしましたね。女として意識しちゃいますよね」(31歳・飲食関連)

▽ 素直に「彼女になりたい」と言えないけれど「彼女になれる子はいいよね」と、密かな恋心にも聞こえる言葉で彼をドキッとさせることも。

3. 「私たち、カップルみたいに見えるかな?」

二人きりで会っているときに「私たちって周りからはカップルみたいに見えるかな?」と、言われて恋人として意識してしまったという声もありました。友達だと思っていたのに、突然こんなこと言われたら「女として見てしまう」かもしれませんよね?

「友達の家で飲み会のとき、女友達と二人でスーパーに買い出しに行ったら『ねえ、私たちカップルみたいに見えるかな?』と言われて、ドギマギしてしまった! ちょっと恥ずかしそうに言われるとなおさらドキッとします」(34歳・マスコミ関連)

▽ いつも行く店に行ったときに「お店の人に今日は彼氏と一緒って思われたかな?」とかも、ドキドキ効果アリですよね。

4. 「○○君のそういうところ、好き」

友達だとしてもストレートに「好き」と言われたら、やはりドキッとしてしまうもの? 褒める感じで「そういうところ好きだな~」と伝えると心に響くそうですよ。彼と話をしながら好きな部分を素直に教えてあげると、恋愛に発展する可能性も上がりそうな気がします。

「好きって言葉はストレートに響くので、言われるとうれしいですよね。告白までいかない感じで『そういうところ、好きだよ』とか、むしろドキッとしますよね。『A君が好き』って言われるより、好きな部分をあげられるほうが、ドキドキ効果があるかも」(31歳・会社員)

▽ 『○○君が好き』とは言えないけれど、好きな部分を褒める感じなら伝えられそうですよね。友達以上の関係になれるかも……!

男性はこんな言葉をかけられると「意識してしまう」こともあるそうです。告白して友情を壊すのが怖い……そう思うものですが、こんなセリフでドキッとさせてみるくらいなら友情にヒビを入れずに好意を伝えることができそうですよね。