シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

意外!? 長続きするカップルは「必ず合ってる」こんな相性3つ

パートナーに対して「今後も彼と長くつきあっていけるのかしら?」なんて不安に感じたことはありませんか?

交際をはじめたばかりの頃なら、お互いのさまざまな価値観の違いが新鮮にうつることでしょう。でも、長く落ち着いた付き合いをめざすなら、合ったほうがよい“相性”があるのです。

そこで今回は、過去に『Menjoy!』で紹介した記事を参考に、“長続きするカップルが合う相性”3つをまとめてご紹介します。

 

■1:味覚

仏文学者・鹿島茂氏の『悪女の人生相談』をもとにご紹介した「なんと体よりも“合わないと必ず破局する相性”があった」によると、夫婦がラブラブでいるために、最も大事なのは“味覚の相性”なんだとか。

食事は毎日3回、一生続くもの。たとえ平日は食事が別々のカップルでも、休日や特別な日には食事をともにするはず。そこでどちらかが「こんなもの食べたくなかった」などと我慢をしていては続きませんよね。ある程度は食の好みが一致することが必要です。

 

■2:暮らし向き

プリマリタル・カウンセリング協会理事長の石井希尚氏による書籍『この人と結婚していいの?』を参照した、「やってみて!パートナーとの相性がわかる重要チェックポイント9つ」によると、パートナー選びには“暮らし向きが近い相手”であることが大切だそう。

具体的には、以下の9つのポイントが相手と近いほど、相性がよいといえるようです。

(1)両親は仲いい?共働き?専業主婦?

(2)両親は大卒?片方が大卒?二人とも高卒?

(3)父親はサラリーマン?経営者?自営業?公務員?

(4)中学時代お小遣いはいくらだった?

(5)家族での外食先はどこだった?ファミレス?

(6)家族旅行はどのくらい行ってた?毎年?

(7)長女?次女?末っ子?それとも一人っ子?

(8)生まれ故郷が好き?

(9)家は安心できる場所だった?

すべてが合うことは難しいかもしれませんが、とくに結婚を考える相手ならば、どのくらい共通項目があるのか、チェックしておきたいですよね。

 

■3:容姿

「イケメン大好き」な方には、少々ショッキングなデータです。法政大学の越智啓太教授の著書『美人の正体』をもとにした「え…悲しい!すぐに破局する男女は“●●が不釣り合い”と判明」によると、“恋愛の初期・中期においては、カップル間で魅力度の差があるほど別れている”と紹介されています。

なんでも、カップルの容姿が不釣り合いな場合、自分の遺伝子を残すために、無意識のうちにより魅力的なほうがより条件のよい相手を探してしまうのだとか……。ただし、同棲中や婚約中、夫婦の場合は、これにあてはまらないそう。

もしステキなイケメン男性とお付き合いできたなら、ただの恋人同士で終わらずに、同棲まで持ち込むことをおすすめします。

 

いかがでしたでしょうか? たとえ相性ぴったりではなくても、彼の好きな料理を作ったり、ファッションや美容に気をつけたりする努力は必要かもしれませんね。

 

【画像】

chelseashell