シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

意外性にドキッ! 気になる彼に見せるべき「女のギャップ」4つ

気になる彼に自分からアピールをするのが苦手……そんな女性も少なくないですよね! どうしたら関係を一歩先に進めることができるかな? その答えのひとつとしてギャップを見せることも大切です! 意外性にドキッとしたり惚れ直したり……。ということで今回は、男性たちに聞いた「気になる彼に見せるべき女のギャップ」についてご紹介します。

(1)オンオフのギャップ

オンオフのギャップは重要という声も目立ちました。ビジネスシーンではテキパキとカッコいいタイプの女性が、オフのときに可愛らしい一面を見せると「キュンとする」という声が多数。ギャップが惚れさせ効果につながるケースは少なくないようです。

「仕事のときはバリキャリ風でかっこいい先輩が、休憩のときや飲み会では可愛らしい笑顔で話をしたり、『おつかれさま!』ってコーヒーをいれてくれたりする優しい一面があって、毎回キュンとします」(29歳・メーカー勤務)

▽ オンのときはクールな印象で、オフのときは可愛らしい一面がある! そんなギャップに恋したり惚れ直したり!

(2)見た目のギャップ

ファッションやメイクでギャップを演出することも大切ですよね! いつもはラフな格好でバタバタと仕事をする女性が、たまにワンピースやスカートなど上品な格好をしてきたときに「色っぽい!」と惚れ直すことも多いものなのだとか!

「外見のギャップに『こんなに素敵だったとは!』と惚れ直すことがあります。いつもTシャツとジーパンで活発に動く女性が、休みの日に清楚系のワンピースを着てきたときはドキドキした」(32歳・通信会社勤務)

▽ ギャップを演出するために、普段はシンプルなファッションにしておいて「ここぞ」のときに華やかな装いにするのもいいですよね。

(3)知性のギャップ

知識を自慢したりせずに隠している女性が、ふとしたことで「実は知的だった」ことが発覚し、そのギャップに萌えるという声も。

「いつもニコニコしていて、おっとりしたタイプの女性が実は仕事がデキるとか、英語がペラペラだと魅力的ですよね! 頭のよさを変に自慢しない女性こそ、本当に賢いなって思う」(31歳・商社勤務)

▽ 知ったかぶりなどせずに、さりげなく知識を披露できると好感度しかないという声も!

(4)弱さのギャップ

男性は弱さを見せてくれる女性に対し「守ってあげたい」という気持ちがはたらくものですよね。誰かに頼らないタイプの女性がふと見せる弱さにキュンとして、「俺がなんとかしてあげたい!」と恋愛スイッチが入ることもあるのだとか。

「いつもしっかりしている彼女が、たまに弱音を吐いたり、頼ってきてくれたりすると『なんとかしてあげたい』と思う! 普段は自分で頑張っている女性がたまに頼ってくれるとそのギャップにキュンとするし、信頼されている気がしてうれしい」(34歳・IT企業勤務)

▽ 頼ってばかりではNGですが、いつも一生懸命頑張っている女性だからこそ「弱さ」を見せてくれるとギャップ萌え効果が……。

まとめ

こんなギャップがあると「恋に落ちてしまう」「ますます惚れ直してしまう」とプラスの影響が期待できるのだとか。自分からグイグイアプローチするのが苦手でも、さりげなくギャップを見せることで、彼との距離を近づけることもできそうですよね。