シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

意外とポジティブ!? 「オフィスネイル」に抱く管理職の本音トップ3

名刺交換のシーンでは、“ネイル”は意外と目立ちますよね。

華やか過ぎるネイルは、目上からの印象も悪くなりがち。かといって、ケアの行き届いていない指先は「女性として、どうなの!?」と思われしまうのでは……と心配になります。

NPO法人『日本ネイリスト協会』が実施した調査によって、管理職が“ネイルをしている女子社員”に抱く意外なほど赤裸々なホンネが明らかに!

あなたのオフィスの管理職も、同じように考えているかもしれません。さっそく、管理職がネイル女子に抱く感想のトップ3をお伝えしましょう!

 

■3位:オシャレ

管理職に対し、「ネイルケアをしている社員に対してどう思うか」を質問してみると24.8%は「オシャレ」と回答し3位に!

およそ4人に1人の管理職が、ネイルをしている女性の指先に対して、「オシャレ」と思っているのが実情です。

もちろん、派手すぎるネイルアートはご法度でしょうが、“ネイルをしている爪”イコールで「派手」「ギャルっぽい」などネガティブなイメージはないよう。

むしろ、ポジティブな印象を抱く管理職が多いという時代の変化に驚きの人もいるのでは?

 

■2位:清潔感がある

続いて、32.0%が選び2位になっていたのは「清潔感がある」という感想。

なんのケアもせずにささくれや乾燥が目立つ指先に比較して、しっかりとネイルケアしている手元は清潔感がありますよね。

3人に1人の管理職も、そんなケアの行き届いた指先を見て「清潔感があって良い」とイイ印象を抱いているよう。

女性たるもの、不潔と思われるより清潔と思われたほうが、人間関係も円滑に進むメリットがありますよね。

 

■1位:身だしなみが整っている

そして、41.6%が選び1位になった感想は「身だしなみがきちんとしている」でした。

ネイルケアをしている社員に対し、管理職はイイ印象を抱いている人が圧倒的に多いのですね!

しっかりとケアをした、シンプルなネイルであれば、周囲に好印象を与えることは間違いないようです。

 

以上、管理職がネイル女子に抱く感想のトップ3をご紹介しましたが、いかがですか?

同調査によると、管理職の65.2%が、「以前に比べて職場でのネイルケアやネイルが寛容になっている」と感じているそう。筆者も10年以上欠かさずネイルサロンに通っていますが、ケアが行き届いているネイルだと自分の自信にも繋がりますよね。

また、女性管理職の52.0%が常にネイルケアやネイルを施していて、男女を通しても「ネイルサロンに通っている」が34.7%に達し、管理職自身が指先のケアに熱心な実態もあるのです。

ネイルのケアは、ビジネスウーマンとしてマストになりつつある時代が来ているのかもしれません。

 

あわせて読みたい