シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

意外とカンタン!美容にもエコにもなる「ゴーヤ」を育ててみよう

だんだんと日差しが強くなってきた今日この頃、日当たりを生かしてゴーヤを育ててみませんか? すぐに実がなって、病害も少なく、部屋を涼しくしてくれるゴーヤは家庭菜園初心者の方におすすめですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ゴーヤの美容効果

ゴーヤに豊富に含まれる「ビタミンC」は皮膚の健康を保つ働きや、抗酸化作用を持つ栄養素です。ゴーヤに含まれるビタミンCは、加熱してもこわれにくい特徴があり、ゴーヤチャンプルーなど炒めて食べるのもおすすめ。また、ゴーヤの苦味は「モモルデシチン」という成分により、胃腸を刺激して消化液の分泌を促す作用がありますので、これからの季節、夏バテや食欲減退のときなんかにも良いでしょう。


■家で栽培したくなる魅力3つ

(1)約2ヶ月半で実がなる!

ゴーヤは種の状態から実がなるまで、なんと2ヶ月半というスピードで成長します。いっこうに芽がでてこない、実がならない、ということにはなりにくいので、初めての方でもきっと楽しく世話ができるはず。

(2)病害も少なく育てやすい

植物を育てる際に心配なのが病害。しかし、ゴーヤは他の植物と比べ病害が少ないので、家庭菜園でも育てることができます。水はけのよい土壌さえ用意すれば簡単に育ってくれます。

(3)緑のカーテンにすれば、夏場は涼しく

ゴーヤのようなつる性の植物は、植物の葉から水分を蒸散して周囲の温度を下げる働きがあり、これを「緑のカーテン」と呼びます。緑のカーテンをベランダなどで育てれば、遮光や冷却の効果が高まり、エアコンの使用を抑えることももできて、とってもエコ!


意外なほどお手軽に育てられるゴーヤを早速育て始めてみてはいかがでしょう?


(前田紀至子)

【参考】
緑のカーテンって? – サカタのタネ
ゴーヤー(ニガウリ)の育て方 – 住友化学園芸
ゴーヤの正しい育て方 – タキイ種苗
食材ずかん – イオンリテール