シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

惚れ直すのはどんなとき?男が女に惚れ直す瞬間と惚れ直したエピソード

1:恋人に惚れ直してほしい~

付き合いが長くなるにつれて、だんだんと“愛されている感”が薄れていくのは、誰にでも起こり得ることです。付き合い始めたときのドキドキが徐々におさまり、ふたりの関係は、落ち着いた居心地の良いものになっているはずなので、それは決して悪いことではありません。

でも、やっぱり彼氏に大切にされたい、愛されたいという思いは、いつだってありますよね。一度落ち着いた関係から、再び彼にたくさん愛してもらうには、惚れ直してもらうほかありません。果たして男性は、彼女のどんな行動に惚れ直すのでしょうか?

 

2:惚れ直すのってどんなとき?男が彼女を惚れ直す瞬間ベスト5

(1)病気のとき、看病してくれた

「惚れ直した経験っていうと、僕が会社を休んだ日に、彼女がわざわざ家まで来て看病してくれたときですかね。“ああ、この人と付き合って、本当に良かったな~!”って愛情が増えました。

食欲がないかったのですが、食べやすくて消化にいいメニューをササっと作っってくれて。その家庭的なところにもグッときましたね」(Yさん・27歳/営業職)

(2)自分好みのファッションに挑戦してくれた

「僕の彼女は、めったにスカートを履かない人です。仕事でもプライベートでも、パンツ姿ばっかり。正直、僕はスカートを履いている子が好きなんですよね。

ある日、“そういえばさ、あんまりスカート履かないよね”と、なんとなく言ってみました。すると彼女は、自分の足にあんまり自信がないとのこと。

彼氏だからではなく、客観的に見て彼女の足はとっても細いしきれいです。それでも足を露出するのに抵抗があるみたいで。きっとそれは、男にはわからない女性心理なんでしょうね。

しかし、次のデートで、なんとスカート姿で彼女があらわれました。彼女を見た途端、僕はもう大興奮(笑)。めっちゃ似合っていたし、苦手なスカートに挑戦してくれたってことも嬉しかったし、あと、めったに履かないスカートに照れている彼女が可愛すぎました」(Tさん・24歳/大学事務員)

(3)大変な時期に、一緒にいてくれた

「今はもうずいぶん良くなっているんですが、僕は数年前に心を病んでしまったんです。それが原因で会社を辞めることになって、生活費と病院代で貯金はどんどん減っていき、希望のないつらい毎日でした。

でも彼女は、そんな僕を見捨てずに、寄り添い続けてくれました。あとから聞いた話ですが、心の病気に関する本を何冊も読んで勉強したり、どう接したらいいのか、カウンセラーに相談をしに行ったこともあったそうで。

当時、彼女は28歳。きっと多くの女性が、結婚や将来について真剣に考えさせられる時期だと思います。そんな中、仕事もしていない僕の回復を、ずっと待っていてくれた。

美人なので、その気になればもっといい男を簡単に捕まえられると思うんですよ。でも、ずっと一緒にいてくれた。見た目に惚れていたのはもちろんですが、彼女の行動に心を打たれて、惚れ直しました」(Uさん31歳/公務員)

(4)食べ物の好みを覚えていたとき

「ふとしたことですが、食べ物の好みを覚えていてくれたときって、良くないですか?

この前、彼女と一緒に初めてイタリアンを食べに行ったんですよ。メニューを開きながら彼女が、“何食べる? ボンゴレ好きだったよね”なんて、さらっと言ってくれたんです。

たしかに僕の大好物でよく食べているんですけど、何気ない会話の中で言ったことを覚えていてくれたのが嬉しかった」(Aさん・24歳/飲食店店員)

(5)将来のことを考えて貯金していた

「男性って、結婚や将来のことになると、“俺がしっかりしないと!”というふうに、勝手にひとりで背負い込みがちじゃないですか。口では“一緒に支え合っていこうね”なんて言いながらも、実は内心、“俺が頑張らないと”って思うのが、男っていう生き物だと思うんです。

でも、そうは思っているけど、初めてのことだから、思うようにいかないことも多くて……。僕の場合、結婚式を決めるとき、しくじりました(笑)。式の見積もりが、僕が想定していた予算の2倍近くで、唖然としましたよ。

“やばい、どうしよう……”と頭の中であれこれ金策を練っていたとき、彼女から、“大丈夫だよ”と言われました。実は彼女、将来起こるであろう不測の事態に備えて、貯金をしていたんです。

それまでお金のこととか、まったく話をしていなかったし、堅実なタイプだとはそれほど思っていなったけど、隠れて貯金をしてくれていたなんて。頼りがいがあるな~って、惚れ直しました」(Nさん・28歳/看護師)

 

3:え、そこ!? 長く一緒にいる彼女や妻に惚れ直したエピソード3

(1)動物とふれあっている姿にやられた

「彼女と動物園に行ったときのことです。小動物に触れる、ふれあいコーナーがあったんですよ。そこで、ウサギを触っていたときに、彼女が見せた表情が最高でした。

子どもみたいに無邪気で、嬉しそうにくしゃっとした愛らしい笑顔。ふれあいコーナーにいるウサギも可愛かったけど、くらべものにならないくらい、彼女がまぶしすぎました(笑)」(Kさん・20歳/大学生)

(2)手際よくキレイに洗濯物を畳んだとき

「半同棲中の彼女がいるんですが、この前グッときたことがあります。それは、洗濯物をキレイに畳んでいたとき(笑)。ちょっと変ですかね? 僕は上手にできないので、自分ができないことをさらっとできちゃうのが、すごいって思いました。

日常のちょっとしたワンシーンですが、家庭的な子って、やっぱいいですね~」(Yさん・28歳/カーディーラー)

(3)助手席で寝ちゃった顔に惚れ直した

「仕事に追われて忙しい妻。息抜きになればと思い、車で1時間くらいの自然公園に行きました。“癒やしといったら自然”っていうベタなプランですが、けっこう喜んでくれて安心したのを覚えています。

その帰り道、助手席にいる妻が寝ちゃったんですよ。助手席で寝ている妻を見ていたら、“一緒に住む前は、こうやって家まで送っていたなー”なんて、昔のことを思い出してしまって。

そこからさらに、ふたりの思い出に浸って、最終的には“本当に、俺にはもったいないくらい素敵なお嫁さんだよな~”っていう結論に至りました(笑)。

頼りないことが多い自分ですが、これからも、この人を守っていくために頑張ろうと思います」(Iさん・34歳/税理士)

 

4:意外なところで惚れ直している男たち

男が惚れ直す瞬間。おおげさなことではなく、ささいなことであったり、「え、そんなこと!?」と思う意外な場合も多いようです。

男性って、意外とこまかく彼女の言動を見ているんですね。惚れ直すこともあれば、逆にがっかりされてしまう、なんてこともあるかもしれないので、気をつけてくださいね!