シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

悲しすぎる!新婚でも「一緒に寝ないカップル」が3割…調査で発覚

新婚生活って、スイートでラブラブなイメージがありますよね。

愛する人と毎日をともにできるなんて、考えただけでもゾクゾクが止まらない女子もいるのでは?

でも、あなたが理想としている“新婚生活”が無条件に実現するとは思えない驚愕の実態が、ゲンナイ製薬の調べで判明しているんです。

同調査を参考に、残念すぎる新婚カップルたちの赤裸々な実態をご紹介していきます。

 

■新婚でも一緒に寝ないカップルが3割!?

20~39歳の既婚者1千名から回答を得た調査で、“一緒の寝室で寝る割合”を分析してみると、そこには驚きの実態が!

新婚1年目はほとんどのカップルが一緒に寝ていると思いきや、69.5%しか実践していないのが現実のようなんです。

さらに、結婚4年目では54.2%まで下がり、10年目以降になると44.9%しか一緒に寝ていないよう。

“イビキや歯ぎしりが気になる”、“寝返りが打てなくて気を使う”などなど、寝室を別にする理由は色々考えられますが、新婚でも10組に3組のカップルは別々に就寝しているのですね。

彼との結婚後は、当たり前のように毎晩一緒に眠れると思っていた女子には、悲報なのでは?

 

■いってらっしゃいのキスは2組に1組

夫婦の愛の証のひとつといえば、「いってきまーす」のキスですよね!

でも、こちらも実践しているカップルは意外にも少ないのが現実のよう。

“習慣的にキスをする割合(いってらっしゃいのキスなど)”を分析してみると、結婚1年目でも46.3%しか実践できていないんです!

さらに、結婚3年目ではガクンと減って29.9%まで落ち込んでいます。

愛が冷めるからキスの回数が減ってしまうのか、それとも恥ずかしいから習慣にできないのか理由は不明ですが、夫婦になってもキスには消極的なのがニッポン男女の実情なのですね。

新婚でも2組に1組しかできていないようですから、あなたが“いってらっしゃいのキス”に憧れている場合でも、叶わない危険が大です。

 

いかがですか?

彼との結婚後は、あんなコトやこんなコトを思う存分やりたいのっ!と希望に胸を膨らませている女性もいるはず。

でも、あなたが当然のように新婚生活を満喫しようとしたのに、彼の意向で叶わないこともあるかもしれません。

あなたの彼は、結婚後の寝室やキス習慣について、どんな考えを持っていそうですか? 結婚後にガックリしないよう、今のうちに彼と意思疎通を図っておきたいですね!

 

【画像】

Kuznetcov_Konstantin / Shutterstock