シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

“悪い男”にハマってしまった女子が自分につきがちなウソ4つ

はたから見たら明らかに付き合うべきではない”悪い男”それなのに当人は全く気づかず、ずぶずぶと不毛な恋愛にハマり込んでしまう女子がいます。彼女たちは“このままじゃいけない”と感じつつも、自らにウソをついて現実逃避しているのかもしれません。今回はそんな自分を欺いてしまうトリッキーなウソに迫ってみました!

“悪い男”にハマる女子がつきがちなウソ

1. “私がどんなに大好きか分かれば、彼だってきっと変わってくれるわ”

“私の愛情で彼を変えてみせる!”と鼻息を荒くするのは恋愛前のめり女子にありがちな傾向。でもどんなに好きでも、その気持ちを相手がきちんとキャッチしなければ一方通行で終わるだけ。それに自分の価値観をすでに持っている大人の男性が彼女によって劇的に変わることはまずありません。
このウソは自分の愛の力を過信している夢見がちな人にありがちです。

2. “今は彼が大変な時期なだけ、その時期が過ぎれば彼だってよくなるに違いないわ”

今彼とギクシャクすることはあってもそれはたまたまタイミングが悪いだけ、今の時期を過ぎればきっと何もかも元通りうまくいくわ、と将来に対して楽観的な思いを持つためのウソ。でもじつは今の状況に潜在的な不安を感じていて、その不安を何とか解消したいからに他なりません。
恋愛には時には待つことも大事ですが、いたずらに時間を費やしていないかシビアに考えてみる必要もあるでしょう。

3. “彼には私が必要なの。だから彼のためにも私から別れるなんて絶対ムリ!”

恋愛とは片方の思いがあまりにも強くなりすぎると、依存のような関係になってくるから厄介です。自分の思いばかりが過熱して、しかも相手からは“必要とされている”と信じ込むと、ますます相手から離れられなくなってきます。
もし彼が本当にあなたを必要としているのなら、それを誠意ある態度で示しているでしょうか。もしそうでないなら、“彼から必要とされている”という妄想のうえに成り立つ、非常に危うい関係と言えそうです。

4. ”今の彼よりいい相手なんてきっと今後現れないから、今の恋を手放しちゃダメ”

今の恋が幸せだから彼といるのではなく、次の恋愛チャンスに出会える自信が無いから、現状維持を続けるというとても消極的な理由でお付き合いをしている人もいます。でもそうなると彼の多少のワガママや浮気にも目をつぶろうとして、彼はますます図にのってしまうハメに。
それでも今さら彼氏ナシにはなりたくないと我慢してしがみつくのはむなしいだけかもしれません。

まとめ

はたから見ればいかにも不幸な恋なのに、当人はむしろそんなゆがんだ恋愛に自己陶酔したり、必死で守ろうとしたりすることがあるようです。
“恋は盲目”なんて言ったりしますが、自分に対して苦しい言い訳を続けるよりはスッキリ心機一転、自分にはもっと幸せな恋愛が相応しいことに早く気づいて欲しいと願わずにはいられません!