シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

恐怖! 女子たちがやってしまった恐ろしい「誤爆LINE」5選!

LINEはメールと違い、まるで相手と隣で会話をしているようなスピード感がありますが、そのスピード感があるからこそ誤送信をしてしまう危険性もあります。決して送ってはいけない相手にLINEを送ってしまった……! という恐ろしいミスをやらかしてしまった女子もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、女子たちがやってしまった恐ろしい「誤爆LINE」をご紹介したいと思います。

恐ろしい「誤爆LINE」

1. 彼氏の悩みを彼氏に誤送信

「女友達に『好きな人ができたから彼氏と別れようか悩んでいて……』というメッセージを送るはずが、彼氏に送信。即、『なら別れよう』という返信がきました……」(20代/介護士)

▽ 彼氏への誤送信は、場合によっては別れすら招いてしまう、恐ろしい間違いです。特定の人以外に知られたくないやりとりをする場合は慎重に。

2. 陰口のはずが本人に誤送信

「合コンのあと、『A子って、男の前だとかわいこぶるよね~。ほんと男好きだよね~』というA子の陰口LINEをB子に送ろうとしたら、間違ってA子に直接にLINEしてしまった」(20代/歯科助手)

▽ お酒がはいると、言葉も悪くなるうえにメッセージを誤送信しやすくなるので、酔っているときにLINEを使う場合はじゅうぶん注意が必要。

3. 親友の恋愛相談をサークルグループに流す

「親友の恋愛相談と、サークルグループとのLINEを同時にやっていたら、親友へ送るはずのLINEをサークルグループに流してしまうというミスをしてしまいました……。幸い親友は別大学だったので誤送信はバレなかったけど、ちょっと冷や汗をかいた」(20代/学生)

▽ 誤送信がバレなかったのでどうにかセーフですが、これが親友と繋がっているグループLINEだったら……と思うと恐ろしいです。複数のLINEを同時に使っているときは、普段以上に注意しましょう!

4. 告白メッセージを誤信

「好きな人にLINEを使って告白しようと思ったのですが、なかなか勇気が出ずに、何度もメッセージを作っては消し、作っては消し……を繰り返していたら、誤って送信してしまった。彼からOKの返事をもらったので結果的にはよし!」(20代/フリーライター)

▽ 誤送信は、ときにほんの少し自分の肩を押してくれるものになるのかもしれませんね。結果よければすべてよし! です。

5. 職場の不満を職場グループLINEに誤信

「私の職場は社内全体で把握しなければいけないことが多いため、上司も含めて職場でグループLINEを作っているのですが、間違って『残業多いし、上司は口うるさいし、毎日ストレス!』というグチを職場LINEに誤送信。送ろうとした友達と職場のグループLINEのアイコンが激似で間違えた!」(20代/接客)

▽ 職場のグループLINEへの誤送信は、仕事自体に影響がでてしまうこともあるので気をつけましょう。もし誤送信してしまったときは素直に謝罪をすることが大切。アイコンだけでなく、名前確認もしましょうね。

まとめ

いかがでしたか? LINEはとても便利なツールですが、LINEの誤送信によって人との関係が悪化して、取り返しのつかないことになってしまうこともあるので要注意。確認をせずつい勢いに任せて送ってしまいがちですが、送る前には(大切な話や秘密の話などは特に!)送る相手をよく確認して、誤爆を防ぎましょう!