シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

恋人未満を卒業! デート後に彼を「ドキッとさせるLINE」4選

気になる彼と二人で出かけたり、食事をしたあとに「ありがとう」のメールやLINEを送ることがありますよね。そんなとき「ちょっと工夫」をすると、ますます好感度が上がって愛され度がアップするそうです!
今回は、男性たちにきいた「デート後に彼を『ドキッとさせる』LINEの内容」をご紹介します。

デート後に彼を「ドキッとさせる」LINE

1. 文中に「彼の名前」を入れる

今日はありがとうございました! とLINEをするときに、文中に「彼の名前」を入れるとより親近感がアップするという声も目立ちました。「今日はAさんに会えて楽しかったです!」など、名前入りのお礼を送れば好感度アップ間違いなし?

「フツーにありがとうでもうれしいけど、自分の名前が入っていると『特別感』があって、ドキッとしますよね。『○○君と一緒に食べたご飯、美味しかった!』とか。俺と一緒だったから楽しかったって感じがして、うれしい」(33歳・通信会社勤務)

▽ 彼の名前をプラスして親近感を! 普段、苗字で呼んでいる仲なのにLINEでは「下の名前+さん」にするのもドキドキ効果があるそうです。

2. 印象に残った場面を伝える

二人で過ごしたなかで、印象的だった場面を「○○が美味しかったですね」などと伝えると、彼の記憶に残って「いい効果」があるという声も! 一緒に過ごした時間を振り返ることで、改めて「楽しかったな」と好印象になりますよね。

「印象に残ったことを『水族館の○○が可愛かったね!』『○○が美味しかったね』とか言われると、喜んでくれたって思えるし、また誘いたいな~って。こっちも1日を振り返っていい気分になれます」(30歳・IT関連)

▽ お互いの「特別な思い出」にするために、印象に残ったことを伝えて好感度をアップすることもできるそうです。

3. あえて「デート」と言ってみる

友達として会ったり食事をしたとしても、あえて「今日のデート、楽しかったね」と伝えることで「恋愛に発展しそうな予感」をアピールすることも効果的なのだとか! 勇気を出して「デート」という言葉を使うとドキッとさせられるはずです。冗談っぽく使うのもアリ?

「普通に食事しただけなのに、帰宅後に『今日のデート、すごく楽しかった! 誘ってくれてありがとう』ってLINEがきてドキッとしたことがある! デートって言われると、なんか脈アリな気がするし、恋愛対象として意識しちゃう」(29歳・美容師)

▽ 会うのが当たり前になっているマンネリ気味のカップルも「デート」って使うと、新鮮な気分になれるという声もありました。

4. デート中の彼の言動を褒める

デートで彼がしてくれたこと、いいなと思ったことをLINEで伝えて好意を伝えられるとドキッとするという声も。褒められて嫌な人はいない、ということで「今日のA君もやさしくてかっこよかったね」など長所を褒めてみてはいかがでしょうか?

「デート後に『美味しいお店に連れて行ってくれてありがとう! さすが詳しいよね』など、お褒めのLINEをくれると最高にうれしい! 単純だけど、男は褒められると好きになっちゃうっていう人多いですよ(笑)」(30歳・飲食関連)

▽ 自分のことを褒めてくれる女性には「好意」を抱いてしまうもの? デート中に褒めるのもいいけれど、あえて帰宅後にLINEで……というのも効果的だそうです。

まとめ

そのほか「また連れて行ってくださいね」など、次のデートにつながるような言葉も効果的という声がありました。恋人未満だけど、距離を近づけたい……。そんなときは、デート後のLINEで彼に好印象を与える作戦を意識してみるとよさそうですね!