シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

恋人には言っちゃダメ!「男をマウンティングする」禁断ワード3つ

恋人には言っちゃダメ!「男をマウンティングする」禁断ワード3つ

一見和やかに話しているように見えて実は言葉のバトルを交わしている……それがマウンティング。マウンティングは女性だけのものではありません。男性が男性に、男性が女性に、そして女性が男性にマウンティングするのは日常茶飯事。

最近、彼と口喧嘩が耐えない、もしくは彼が無口になってきたというあなた、ひょっとして無意識のうちに彼をマウンティングしているのかもしれませんよ。そこで今回は、海外女性情報サイト『Lovepanky』の記事をもとに、“男をマウンティングできる禁断ワード”3つをお届けします。

 

■1:「残業少ない仕事でいいよねー」

残業が少ない=仕事が楽、ではありませんよね。彼は効率良く仕事をしているかもしれません。一生懸命働いている彼に、この一言は完全にマウンティング。あたかもあなたのほうが重要な仕事をしているかのように聞こえます。

彼がひょうひょうと仕事をこなしているように見えるならば、「どんな風にお仕事を速く片付けているの? 教えて?」と素直に聞いてみましょう。

 

■2:「●●君はお子ちゃまだから」「●●君はオバカちゃんだから」

このように第三者の前で彼氏のことを優しくマウンティングしている女性をよく見聞きします。まるで彼のお母さんのようなぬくもりのある口調で言っているのですが、どんなに女々しい男でも男らしくありたいもの。特に友達の前で言ったりしてはいけません。

「私はあなたより強いから」「私のほうがあなたよりデキるから」と言いたい心が見え見えです。こういう言葉を発すると、彼はムッとしてあなたに不信感を抱くか、萎縮してますます女々しくなるかのどちらかになってしまいます。

本当に賢い女子は心の中で思っていても、彼を立て、ほめておだてて手の平で転がすんですよ~。なかなか難しいですが……。

 

■3:「私、サイズは気にしないよ」「私は淡白だからちょうどいいの」

コレが実は最悪のマウンティングかも。「私はあなたのセックスに満足しているのよ」と口先で言いながら同時に彼から“男の自信”を奪っています。

男性はサイズにはとっても敏感。この話題は極力避けましょうね。もし彼とのセックスに不満があるならば、ベッドの中であなたが誘導してあげるぐらいの努力をしましょう。

 

誰しも自分をよく見せたいという衝動は起こります。結局私たちはマウンティングしてしまう性なのかもしれません。とは言え、あなたの欠点をも受け入れてくれた大切な彼氏だけには、マウンティングしないように心がけたいものですね。

 

【画像】

by © lassedesignen / Dollar Photo Club

投稿恋人には言っちゃダメ!「男をマウンティングする」禁断ワード3つMenjoy! メンジョイの最初に登場しました。