シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

急転直下! マンネリ続きから「彼と結婚しよう」と思ったキッカケ

交際が長くなり、マンネリが続くと結婚話もタブーな雰囲気に。「少しでも早く彼と別れて、婚活したほうが良いんじゃないか?」という気持ちにもなってきますよね。しかしあることをきっかけに、急転直下で結婚が決まるケースもあるようです。そこで今回は「マンネリだったけれど、彼と結婚しようと思ったキッカケ」について、女性陣にリサーチしてみました。

(1)彼の優しさを再確認したから

「私が仕事でイライラして彼に当たってしまったんですが、怒ることなく話を聞いてくれた。こんな穏やかで優しい人って他にいないんじゃ……と改めて実感した瞬間でした」(20代/広告)

▽ パートナーが常にそばにいると忘れがちですが、交際はどちらかが投げ出したらそこで終了です。彼の優しさがあったからこそ、ここまで続いたのだと実感する人も。「ここで彼を失ったら一生後悔するな」と気づき、結婚を決めたようです。

(2)他の男子じゃダメとわかったから

「彼とのマンネリが続いて、こっそり合コンや街コンに行ったこともありました。でも他の男性と遊んでいても、思い出すのは彼のことばかりで。なんだかんだ彼が一番好きなんだと、自分の中で納得がいきましたね」(20代/IT)

▽ 浮気はダメですが、マンネリ期に友人も交えて男性と食事に行くのはアリかも。必然的に彼と男性を比べることになるので、本当は自分がどうしたいのか見えてきます。「やっぱり彼が好き」「他の男子ともっと遊びたい」など、新たな感情がわいてくるでしょう。

(3)親友からの評価が高かったから

「正直イケメンではないし、格別スペックが高いわけでもない彼。お互い情で付き合っている状態が続いていて、この先どうすべきか悩んでいたんです。でもたまたま私の親友と3人で会うことになって。
そしたら親友が『彼氏めっちゃ良い人じゃん! ○○のことよくわかってるし!』と背中を押してくれたんです。絶対にウソはつかない親友だからこそ、私も『そう言われればそうだな』と思えたんですよね」(30代/販売)

▽ 常に他人に流されてばかりではダメですが、たまには信頼できる第三者の意見を聞いてみましょう。彼にゾッコンの交際初期ではなく、ある程度冷静になっているいまだからこそ、どんな意見でもすんなり受け入れられるでしょう。

(4)同棲が意外とうまくいったから

「お互い多忙だったので、デートもほとんどせずそのままマンネリ化してしまった。このままじゃヤバいと思い同棲をしたら、意外と楽しくて。その後3か月で入籍しました」(30代/営業)

▽ 同棲がきっかけとなり、サクッと結婚するカップルもいます。会えないがゆえにマンネリ化が進行しているカップルは、一度同棲をしてみましょう。一通りのお互いの性格はわかっているからこそ、案外同棲もしっくりくるかも。結婚への近道となりそうです。