シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

忙しくて乳がん検診に行けない人は毎年10月第3日曜に行われている「ジャパン・マンモグラフィー・サンデー」を利用しよう! 全国で行われます

2018年8月15日に逝去したことが明らかになった、漫画家のさくらももこさん。

さくらプロダクションの発表によれば死因は乳がん。アニメ『ちびまる子ちゃん』の “お姉ちゃん” 役を務めた声優の水谷優子さんも同じ病気で亡くなっています。

乳がんは、女性にとっては身近な病気です。記憶に新しいところでは、小林麻央さんもこの病気で命を落としています。

そう聞くと恐怖を感じてしまいますが、乳がんは早期発見・早期治療すれば命を脅かすことは少ないといいます。

【早期発見・早期治療が大切】

もしもあなたが、「乳がん検診を受けたいと思っているけれど忙しくてなかなか検診に行けない」といった事情を抱えているのであれば、「J.M.S(ジャパン・マンモグラフィー・サンデー)」を利用してみるといいかもしれません。

【「J.M.S」ってなあに?】

「J.M.S」は、平日に病院に行けない女性たちが休日である日曜日に「乳がん検診」を受けられるよう、全国の医療機関と認定NPO法人J.POSHが協力して設けた日。毎年10月の第3日曜日に行われていて、2018年は10月21日の日曜日がこの日に当たります。

【女性医師・女性技師が担当してくれる病院も!】

「J.M.S」は特定の地域だけでなく日本全国すべての都道府県で行われているほか、調べてみると、女性医師や女性技師が担当している病院も多数あるようです。

日頃から仕事や家事、子育てや介護に追われている人たちにとって、「検診のためだけに病院へ行く」というのはハードルが高いように感じられるかもしれません。ですが日曜日なら、平日よりもいくらかは、ハードルが下がるのではないでしょうか。

“忙しい” を言い訳にして検診を引き延ばしていたという人にとって、きっとこれはチャンス。これまで1度も検診をしたことがないという方も、この機会に受診してみてはいかがでしょうか。

参照元:J.M.Sさくらプロダクション
執筆=田端あんじ (c)Pouch