シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

忙しい彼が「彼女を大切にしたい!」と惚れ込んでしまう瞬間4つ

仕事に追われる男性を好きになってしまうと、なかなか会えない、連絡が取れない……と自分の思い通りに行かないものですよね。忙しすぎて「彼女はいらないモード」になりやすい男性からも大切にされて愛される女性は、何が違うのでしょうか?
今回は「忙しい彼が“彼女を大切にしたい”と惚れ込んでしまう瞬間」をご紹介します。

忙しい彼が惚れ込んでしまう瞬間

1. 会えないときもLINEで寄り添ってくれる

忙しくてなかなか会えないときもLINEで「頑張って」と声をかけてくれたり、他愛ない会話で寄り添ってくれると「励まされる」「ほど良い距離感が心地良い」という声も目立ちました。気を付けたいのは返信をせかさないこと。スルーされても気長に待てる根気も必要なのだとか……!

「忙しくてもLINEで他愛ない会話ができると癒しになる! とはいえ返信がすぐにできないことも多いので、スルーに対して怒らずに『忙しいから仕方ないよね』というタイプだと『この人を離したくない』と思う」(31歳・マスコミ関連)

▽ 会いたいと言われてもなかなか会えないので、LINEでのやりとりでほど良い距離を保ってくれる女性だと「大切な存在」になるそうです。

2. 会えたときに「最上級の笑顔」を見せてくれた

なかなか会えない多忙な彼は、そのことに罪悪感を持っているケースも。そんななか、会えたときには、周りがパッと明るくなるような「最上級の笑顔」でうれしそうにしてくれる彼女を見て「最高の癒しになる」と時間をやりくりしてでも会いたくなるそうです

「ずっと会えない日が続いて申し訳ないって気持ちがあるのですが、会えたときには怒らずに『最高の笑顔』でうれしそうな顔をしてくれると、癒されます! 彼女に会うためになんとか時間をやりくりしようって思える」(33歳・IT関連)

▽ 会えたときにはにっこりと笑顔で「会えてうれしい」を全面に出せると、多忙な彼にとって癒しの存在に……。

3. 多忙で会えなくても「頑張って」と応援してくれる

忙しすぎて会えない、連絡が取れない日が続いても「頑張ってね!」と優しく応援してくれる。そんな彼女の存在に「ものすごく助けられる」という声もありました。多忙な彼にとって「良き理解者」であることが、愛される秘訣になるのでしょう。

「連絡が取れない、会えない日が続いたときにも『頑張ってね!』『応援しているよ』と声をかけてくれると、自分にとっての良き理解者だな~って実感します。たまには『え~会えないの?』と可愛く拗ねるくらいなら可愛いけれど、本気で怒られると付き合えない」(34歳・通信会社勤務)

▽ 忙しい彼にとっては「応援してくれる理解者」が必要! 彼を励ます姿勢があれば、かけがいのない存在になれるはずです。

4. 仕事モードのときはそっとしておいてくれる優しさ

仕事が忙しいモードのときに、そっとしておいてくれる優しさがあると「ありがたみ」を感じるという声もありました。多忙でバタバタしているときに「なんで連絡くれないの!?」とせかしたりせずに「そっとしておく」ことも大切です。

「ものすごく忙しいときに、そっと静観しておいてくれる女性。仕事に集中したいときには、俺のことを信じてそっとしておいてくれる優しさがあると、ありがたいですよね。彼女も自分のやりたいことに夢中になれるタイプだと、お互いに理解し合えるから理想的です」(32歳・営業)

▽ そっとしておいてくれると「自分のことを信じてくれている」と思えるものなのだとか! 仕事モードのときはしつこい連絡は避けたいですね。

まとめ

こんな瞬間に「自分にとって必要な存在だな」と実感するものなのだとか! 忙しすぎる男性とうまく付き合うためには、こんな言動を意識して「彼の良き理解者」であることが大切です。会いたい気持ちがあっても、しつこく連絡したりせず、彼のペースに合わせて「ほど良い距離感」を保つことも重要ですね!