シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

彼氏に嫌われたくない…彼氏に嫌われたサインや態度5つと嫌われたくない彼女へ贈る言葉

1:彼氏に嫌われたくない…

大好きな彼氏に嫌われてしまったかも……。そんなときは、とても不安になりますよね。中には、「嫌われたかどうかが気になって、仕事や勉強に集中できない」「どうして嫌われたんだろうって考えて、よく寝られない日が続いている」というふうに、生活に支障が出てしまうこともあるでしょう。

ただ、ちょっと待ってください。嫌われているのは、果たして本当なのでしょうか? 「彼氏に嫌われちゃったと思っていたけど、ただの勘違いだった」なんていうことは、意外と多いんですよ。

 

2:彼氏に嫌われたサインや態度は?彼氏に嫌われてる診断5つ

上述したように、「嫌われていると思いきや、実はただの勘違いだった」ということは、よくあります。ただ、そう言われても、「嫌われてしまったのかも……」という不安はなかなか拭えないもの。ここで、本当に彼氏に嫌われしまったときに彼氏が見せるサインや態度をご紹介します。

(1)電話を拒む

「最近、電話をかけても全然出てくれない」「以前は着信履歴を見て折り返してくれたけど、最近は、LINEで“何?”というメッセージが来るだけ」というふうに、彼が電話を拒むようになったら、ちょっと危険な状態かもしれません。

そもそも男性は、電話が苦手な人が多いです。それでも「大好きな彼女が、電話したいっていうから」「彼女の声だけは聞きたいから」という気持ちで電話をしているのです。

しかし、彼女に対する気持ちが冷めてしまえば、嫌いな相手(彼女)と嫌いな行為(電話)をするわけですから、イヤがって当然ですよね。

よくあるのが、「嫌われているかな?」と思ったとき、「ちょっと電話してもいい? LINEじゃうまく伝えられないから、電話で話したい」というふうに、モヤモヤする気持ちをちゃんと伝えようとして、電話を提案してしまうこと。

その電話自体が男性にとってかなり苦痛なので、彼氏のほうから「電話してもいい?」というリクエストがなければ、電話は避けるというのもひとつの手です。

(2)言葉使いや話し方に変化があらわれる

「下の名前で呼ばれていたのに、ある日、急に“お前”と呼ばれた」「いつも物腰柔らかな彼だったけど、最近は高圧的な言い方をすることが多い」といった変化も要注意です。

彼女を大切に思う気持ちがなくなり、その心の変化が、はっきりと言葉にあらわれているのかもしれません……。

(3)デート中に会話を続ける気がない

誰だって、嫌いな人と話をするのは苦痛ですよね。ふたりで一緒にいるのに、積極的に会話をしてくれなかったり、素っ気ない返事ばかりするのは、嫌われているサインと言えるでしょう。

ただ、「体調が悪い」「寝起きで頭が働かない」といった、会話をするのが大変なコンディションの場合もあるので、“話さない・素っ気ない=嫌われている”と秒で判断せず、しっかりと見極めてください。

(4)SNSの更新頻度が増える

彼氏のSNSをフォローしている場合、更新頻度に注目してください。「いつも滅多に更新しないのに、急に更新が多くなった」という場合、気持ちになんらかの変化があったのかも。

よくあるのが、「イライラやうっぷんが溜まり、そのはけ口としてSNSを利用する」というものです。そのイライラやうっぷんの原因が、必ずしも彼女にあるというわけではありませんが、彼の心の変化を見るサインとして役に立つでしょう。

(5)デートをキャンセルしたあとのフォロー

「当日の朝、急に体調が悪くなった」「急に仕事が入って、デートに行けなくなってしまった」といったデートのドタキャンは、誰にでも起こり得ることです。仕方のないことではありますが、キャンセルされてしまった側としては、がっかりですよね。

そんな急なドタキャンが発生したとき、そのあとのフォローに注目してください。「本当にごめん……。次会うとき、埋め合わせさせて!」といった、申し訳ない気持ちや、丁寧なフォローがあればいいのですが、フォローもなく、適当な謝罪だけの場合、すでに気持ちが冷めてしまっているのかもしれません。

ちゃんとフォローしないということは、つまり、“嫌われても別にいいから、頑張って取り繕うこともしない”という気持ちがあると判断できます。

 

3:彼氏に嫌われたくない彼女に贈る彼氏からのメッセージ3つ

(1)謝ってから、改善する姿勢を見せる

「“嫌われているかも……”って思ったら、悩んでいないで、先回りして謝ってしまうのも手っ取り早いです。“ごめんなさい、私、何か嫌なことしちゃったかあ”というふうに、謝りながらも、原因を聞きだせるようなかたちで。できるだけ丁寧に、下から聞く感じがコツかな。

嫌われているっていうのが勝手な勘違いなら、“え? なんのこと?”なんて言われるでしょう。でも、もし、何かやらかしていたのであれば、さらにしっかり謝ろう。もちろん、超真剣なトーンで。“ごめん”よりも、“ごめんなさい”っていう、ちゃんとした謝罪がベター。

あと、男性心理的なことを言うと、“また同じ問題を起こさないように、今後どんな行動に気をつけるか”といった、具体的な改善点を明確に話すと、男性は納得しやすいですよ」(Nさん・31歳女性/不動産関係)

(2)気にしすぎ?

「LINEの返信が遅かったり、デート中に素っ気なくされてしまうと、“嫌われているのかな……”って思っちゃうかもしれません。でも、はっきり言って、ただの気にしすぎなのかもしれません。

男って、複数のことを同時にやるのが下手で、趣味とか仕事に気がいっている状態だと、他のことに気が回らなくなってしまうんですよ。そんなに器用じゃない。だから、無駄な心配かもしれないので、細かいことをいちいち気にし過ぎないほうがいいと思うよ」(Aさん・28歳男性/公務員)

(3)感情的になって、あれこれ聞くのは絶対にNG

「嫌われているかどうか心配なときって、どうしても感情的になっちゃって、彼氏にあれこれ聞きたくなってしまうと思う。でも、それは絶対にダメ。というのも、男って、そもそも感情的になっている女性が苦手なんですよ。しかも、あれこれ聞かれると、それもめっちゃウザいと思うんです。

男って、“こいつ、ウザいな”って一度でも思った相手には、そのイメージをずるずる引きずって、なかなか拭えなくなってしまうことが多いから、気をつけて」(Sさん・26歳男性/営業職)

 

4:しっかり観察しよう

「嫌われちゃったかな?」と思ったら、彼の言動を冷静に観察してみましょう。気持ちの変化は、言葉や行動に表れるもの。そのサインにしっかり気づくことが重要でしょう。

もし本当に嫌われてしまったとしても、関係修復が可能なケースも多いです。感情的にならずに、どうすれば許してくれるのか、どうやって改善していくか、冷静に対処してください。