シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

彼女がSなら彼氏はMがうまくいく?Sな彼女の特徴と怖いS彼女の手なずけ方

1:彼女がSってどうなの?

筆者の経験上、女性は「Mです」というほうが、圧倒的に多い印象があります。しかし、中には「私はSです」ときっぱりと言い切る人とも出会ったことがあります。

そんな「S女性」とお付き合いをしたことのある男性たちは、彼女のことをどのように考えているのでしょうか。

Sだから“最高”なのか、それとも、Sだから“苦労が絶えない”のか……。そんなところに焦点を当てて、お話を聞いてみたいと思います。

 

2:Sな彼女の特徴がわかる強烈エピソード5つ

それでは実際に、居酒屋などで「Sな女性と付き合ったことのある」という男性に聞いた、S彼女ならではの強烈なエピソードをご紹介します!

(1) 遅刻しても謝る素振りナシ

「僕が昔付き合っていた彼女は、時間にルーズなところがあったんですよね。だから、デートの待ち合わせにはいつも遅刻してくるんですよ。でも、“遅いよ!”とかいうと不機嫌になるので、毎回僕のほうが“早く来過ぎちゃってごめん”って謝っていましたね」(Hさん・26歳男性)

遅刻されたほうが謝るというのは、あまり耳にしない話ではないでしょうか。しかし、遅刻した彼女は「なんでこんな早い時間に待ち合わせにしたのよ。それがいけないんじゃん!」と文句を言うのだとか。そして彼が遅刻すると、「すごい怒られる」そうです。

(2) 正面に座ったら「ブサイク」

「元カノの話なんですけど、デートのとき、ファミレスとかに入るとするじゃないですか。そうすと、テーブル席に向かい合わせで座りますよね。そうすると、必ず“本当にブサイクだよね”って言われるんですよ。

あまりにも正論っぽくいうものだから、最初のうちは“ごめん”って謝っていたんですけど、だんだんと“それは付き合うときにわかってたはずだよな”って思うようになって……。結局、別れました」(Tさん・31歳男性)

Tさんの元カノの言い分としては、彼氏のことを「ブサイク」と罵ることで、自分が顔で彼氏を選んでいないという、ある種の愛情表現のつもりだったとか。でも、言い方がSですよね……。

(3)デートでは彼女が優先

「今の彼女ですけど、デートで意見が分かれると“私のほうがいつも譲ってるんだから、こんなときくらい譲ってよ”って言ってきます。

でも、何を譲ってるのか僕にはわからないんですよ。だって、彼女の意見が通らないと、そうやってすごい怒られるんで、いつも最後は僕が譲ってるんですから」(Yさん・26歳男性)

Yさんは、彼女に対して、具体的に何を譲っているのか尋ねてみたことがあるのだとか。しかし、納得できる回答は返ってこなかったそう。

振り回されたい男性には、もってこいの女性かもしれません。

 

(4)夜の生活も主導権を握りたがる

「今の彼女はドSですね。ベッドの上でも主導権を握りたがるんです。“俺は別にMじゃないんだからやめて”って言っても、一向にやめる気配はナシなんですよね。

でも別れられません。惚れた弱みです。そんな彼女は僕に、“誰にも媚びないけど、私には従順なのね”って女王さまみたいなことを言ってましたよ」(Eさん・27歳男性)

Sな男性さえも、M側に回らせてしまうというドSな彼女。発言も刺激的です。

(5)毎日のLINEを強要

「昔付き合っていた彼女に“毎日LINEをしてほしい”って言われたことがありましたね。でも、LINEって義務になると、一気に気が重くなるじゃないですか。だから断ったんです。そしたら、“あなたが毎日LINEをすることで、私はあなたをより好きになれる。だからそれって、あなたのためになることなんだよ”って言われましたね。

これって要するに、“私を満足させろ。それはおまえが望んでいることだろ”ってことでしょ」(Gさん・28歳男性)

これは強烈なドS発言ではないでしょうか。ここまで言える人はなかなかいない……と思いますよね。でも筆者もひとり、似たことを言った女性を知っています。まさか同一人物でしょうか……!?

 

3:怖いS彼女とうまく付き合う方法3つ

上述したようなS彼女というのは、それほど多くはないかもしれません。しかし、そんなS彼女と付き合うことになったのなら、うまく付き合っていきたいですよね。そこでS彼女の彼氏たちに、S彼女と付き合う方法を聞いてきました。

(1)嘘は言うな!

「ドSな彼女と付き合ったことありますけど、基本的に嘘は禁物です。めちゃくちゃ詰められますよ。追求されるだけなら、逃げ切れると思うでしょうが、“ふ~ん。そうなんだ”ってなったらヤバイです。泳がされて、決定的な証拠をつかまれたあとは、“だって●●だもんね”ってずっとネチネチ言われます。だから嘘はダメ、絶対」(Tさん・26歳男性)

(2)褒めポイントを100個くらい用意せよ

「相手を褒めることは鉄則です。でも“かわいい”とか、そういう抽象的な褒め方は危険です。“どこがかわいいの?”って言われるわけですよ。“笑顔”とかいうと“あなたは顔で女性を選ぶの?”って責め立てられて、“そっか、私は笑顔しか取り柄のない女よね”とか絡んできます。

だから、外見を褒めるなら、100個くらい用意しておかないと。内面を褒めるときにも、優しいとかじゃなく具体的に。“〇〇のときに、〇〇してくれたことが嬉しかった”とか、“××って言ってくれたことで勇気が出た”とか、実際の言動と、それに対しての自分の気持ちを言葉にすると、間違いありません」(Hさん・31歳男性)

(3)頼むより頼れ!

「僕の経験上、Sな彼女に何かを頼むのは危険極まりない行為です。頼むということは見返りを求められるわけですよ。“この前●●してあげたんだからいいよね”とかいって、どんどん責め込まれます。

なので、頼むのではなく頼るんですよ。自分の不得意な部分を見せて、“しかたがないな。やってあげるよ”って本人に言わせるわけです。そうすれば、頼んでいないから見返りも要求されません」(Dさん・27歳男性)

 

4:S彼女は付き合ってからわかることも

いかがでしたか? 今回はS彼女をテーマにしてお送りしました。ここまでドSな女性も珍しいかもしれませんが、普段は隠していて、付き合ってから本当の中身がわかるなんてこともあります。好きになってしまってからでは遅い。男性諸君、もしものための準備をしておいた方がいいかもしれませんよ。