シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

彼の夢を応援して、一緒に成長していくのが年下男子との恋愛の醍醐味!

もうためらわない!年上女性のための年下男子♡恋テク【第20回】

年下男性の一番の魅力は、まだまだ人生の先が長いこと。彼らは失敗をしてもやり直すパワーや時間があるのです。夢を追いかけ頑張る彼を応援したい一方で「そんな甘い考えで大丈夫?」と心配になることも。年上女性は、彼をどのようにサポートすると喜ばれるでしょうか。

 

現実的ではない年下男性の夢を笑わない

 

年下男性は、年齢差が開けば開くほど、未来に対する現実感が薄い傾向にあります。たとえば「世界一周旅行をしながら暮らしたい」「起業して社長になり、大金持ちになりたい」などと、スケールが大きなことを言い出すことがあります。もちろん夢を見るのは自由ですが、具体性に欠け、それは本当に実現するの? と、年上女性からすれば突っ込みたいこともたくさんあるかもしれません。

 

もちろん彼も「こうなったらいいなあ」という程度にしかまだ考えていないので、年上女性から「本当に叶うの?」などと突っ込まれたら、返答に詰まってしまいます。でも、こうした夢は、若いからこそ見ることができるのです。若いからこそ、いろいろなことに挑戦することが可能なのですから。

 

若い男性が持つ、大きすぎる夢に突っ込みを入れるべき?

 

30代のA子さんの彼も、そうした夢見がちな若者です。20代の彼は美容師をしていて、ゆくゆくは経営者になって、何店舗も経営し、大金持ちになるんだ、という話を何度もするのです。けれど、実際はお店でやっとカットを担当できるようになったばかりで、お客様の指名もこれからといったところ。

 

大きな夢に対して実力が伴っていない彼のことが、A子さんはどうしても心配になってしまいます。なのでついつい「お店を持つための資金はどうするの?」「いつごろ1号店を持つつもりなの?」などと聞いてしまうのです。そうすると彼は「資金は頑張って貯める」「できるだけ早くお店を持ちたい」などと、どこかあいまいな返事しかできないので、ますます心配になってしまうのです。

 

彼の夢を上手にサポートするためには、どうしたらいいの?

 

最近は、海外で活躍したいなどという男性もいるので、ますます夢は大きくなりがちです。「いつかは日本を飛び出して海外で暮らしたい」「海外で働いてみたい」などと言う若者も、確実に増えています。けれど「どの国で暮らしたいの?」「海外でどんな仕事をしたいの?」と聞くと、返事ができない人がほとんどなのです。

 

年上女性側から見れば、夢ばかり見て現実を直視していないようで、こうした発言は心配になるかもしれませんが、実は、できる限り「あなたなら、きっとできるよ!」と、彼を信じてそう言うのがいいでしょう。男性は、自分を信じて応援してくれる女性がいれば、大変なパワーを出せるからなのです。そして自信を持ってから、具体的な方法を自分自身で考え始めることでしょう。

 

なんとかなると考え、人生を楽しむことも必要

 

A子さんも、彼を責めずに「あなたならできる」と励ますようにしたところ、彼は開業資金はどのくらい必要なのかとネットで調べ始めたのです。褒められると、男性はとてもうれしくなり、もっとほめてもらいたくて、次のステップへと行動を移すのです。すると、彼は開業資金にはかなりのお金が必要だとわかり、しばらくしょんぼりしていました。自分の給料だけでは到底貯められないということに気付かさせられたからです。

 

けれど彼はそこであきらめませんでした。閉店した美容院を機材もろとも買い取ることで資金を安く抑えることができると知ったり、それほど広くないスペースで個人的に営業するのであればそれほどお金はかからないも考え始めたのです。次第に夢と現実をつなげていこうとしている彼を見て、信じてみて良かったのかもしれないとA子さんも考え始めています。

 

彼の夢はいつか叶うかもしれないし、もしかしたら叶わないかもしれません。けれど、彼と一緒に夢を見ることができたことを、A子さんは楽しむことにしました。30代ではなかなか壮大な夢を見ることは難しいのですが、20代だったら思い切った挑戦も可能です。年下と交際したからこそ、こんな素敵な想像ができることを、A子さんは今、ポジティブに考えています。