シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

彼の写真にキス…!? 恋愛をこじらせ女子エピソード

斜に構えていたり、こじらせていたりする時期は多かれ少なかれ誰にでもあるもの。後から振り返って「なんであんなことしちゃったんだろう」なんて後悔したり、懐かしくなったりすることもあるでしょう。ここではそんな、恋愛こじらせ女子のエピソードを聞いてみました。

こじらせ女子時代の恋愛エピソード

片思いの彼の写真にキス

「ほとんど話したこともない先輩のことを好きになり、隠し撮りをして待受に設定。思いが募るときはスマホの画面の先輩にキスをしていました。思い出すだけで自分でもドン引き……」(20代/IT)

▽ 相手のことをよく知らないのに好きになってしまうのは、こじらせている女子の王道の出来事ですよね。この方は、好きな先輩の写真を手に入れるやいなや、そっとキスしてしまったそうです。さすがに誰にも見せられない光景ですね。

男性のことをつねに疑う

「ネットの情報に毒されて、恋愛経験もないのに『男なんて信じられない!』と、恋愛モードになる男性のことを常に疑っていた。騙されないように必死。
実際に恋愛をして結婚してみたら、浮気しない男なんていないって思っていたけど普通にいるもんだなってびっくりした」(30代/主婦)

▽ 経験はないのにネットの情報を鵜呑みにして、「浮気をしない男なんていない」「男はみんなクズ」などと思いこんですべての男性を疑うというこじらせ女子もいました。こうなると、素敵な男性を見逃してしまいますよね。自分で思っている以上にいい人はいるものです。

相手を試す行動をとる

「彼の気持ちが信じられなくて、付き合った相手に嫌われるようなことをわざとして相手を試していました。だいたいのことは許してくれたけど『もう別れる!』って試してみたら、彼に『そんなに俺のことが信じられないなら』って振られた。自分が悪いなって思うけどあのときはこじらせていたなぁ……」(20代/看護師)

▽ 相手からの愛情を信じられずに試してみたことがある女子も多いのではないでしょうか? 引き止めてもらいたくて「別れる!」と言ったのに、試されることに疲れた彼がそれに賛同。「やっぱり私のことなんて本気じゃなかったんだ」とひとりで泣くまでがお決まりだそうです。

好き避けをする

「女子中、女子高だったので男性への免疫がなく、大学のときに好きになった男性に好き避けをしてしまったこと。好きなのにそっけない態度をとったり、相手の目を見なかったり、無愛想だったなぁ……。もちろんうまくいかなかった」(20代/医療)

▽ 好きな相手を必要以上に意識してしまい、相手に自分の気持ちがバレないように無愛想にしてしまう好き避け。思春期の頃にはやってしまいがちですよね。

好かれた途端に冷める

「好きな人でも、自分のことを好きになった途端に冷める。自分に自信がないから『こんな自分のことを好きになるなんてどうかしてる』って思っちゃって……。一生幸せになれないやつだよなぁ……」(20代/美容家)

▽ 自己肯定感が低かったり、自分のことを好きじゃない人にありがちなのが、好きになってもらえた途端に冷めてしまうというもの。こうなると、誰も幸せにならない結果に。まずは自分を好きになることからはじめましょう。