シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

彼に教えちゃダメ!あなたが買った「コートの値段」その理由とは…

オシャレ女子のあなたなら、もう冬服はゲットしたはず。

冬のファッションアイテムとして必需品なのは、トレンチコートやダウンコート。今年、新たに購入したというひとは、その値段をぜったに彼に教えちゃダメですよ。

いったいどうしてかって?

それがケンカの種になるから。

いったいどういうことか、iDAの調査結果をもとに紹介します。

 

■トレンチコ−トとダウンコートの値段

今年、新たにトレンチコートやダウンコート購入したというひと。

いったい、いくらで購入しましたか?

iDAが全国の20~49歳の有職女性150名を対象に調査をおこなったところ、トレンチコートの購入価格帯で第1位は5,000円から10,000円(34.7%)、第2位は10,000円から15,000円(23.3%)、第3位は5,000円未満(20.0%)という結果でした。

同じ調査を、全国の20~49歳の有職男性150名を対象におこなうと、第1位は5,000円未満(21.3%)、第2位は5,000円から10,000円(22.0%)、第3位は10,000円から15,000円(17.3%)という結果。

つまり、多くの男性にとってトレンチコートは5,000円未満か、高くても10,000円以内。

自分が想定している値段よりも、高かったとしたら、その印象は「そんな無駄遣いして」というようなもの。そこから、ケンカに発展することもあるでしょう。これは、ダウンコートも同じです。割合は異なるものの、男女とも価格帯の順位はトレンチコートとおなじです。

 

■男は3年着る

男女で違うのは、購入する価格帯だけではありません。

5,000 円未満のアウターを女性は、ワンシーズン限りと考えるひとが多いのに対して、男性は3年着ます。つまり、男女で服の買い換えサイクルが違うということ。

男性からすれば、「去年買って、そんなに着てないのに、また今年も買って」となるわけです。

 

いかがですか。こんなところにも、ケンカの種が。男女で服に対する考えが違うということ、ちゃんと理解しておきましょうね。

 

【参考】

※ ファッションに関する調査 – iDA