シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

彼と長続きするために必要な「ちょうどいい距離」ってどれくらい?

距離が近すぎても遠すぎても気持ちのすれ違いが起きてしまうので、なかなか長続きしないですよね。彼に依存すると重たいと思われますし、全く連絡を取らないと好きじゃないと誤解されてしまいますし……。意識してちょうどいい距離を保とうと思っても簡単なようで難しいですよね。
では、彼と長続きするために必要なちょうどいい距離とは具体的にどれくらいなのでしょうか?

会う頻度は週に1、2回がベスト

早く会いたい! と思えるくらいの頻度で会うと、会うたびにうれしい気持ちになりますし会える日が待ち遠しいですよね。毎回のデートで新鮮な気持ちを味わうためにも週に1回か多くて2回が、お互いの“好き”を維持しやすいんです。

連絡を義務にしない

例えば、毎日必ず朝と夜は連絡するという約束をしてしまうと、一日でも忘れたらそれが原因で喧嘩に発展しますし、面倒だと思ってもやらなければいけないので、「連絡をしたいからする」ではなく「しなきゃいけないからする」と義務のような感覚になってしまいますよね。
連絡しようかな、と思った時にしたほうが「連絡をとることが楽しい」と思えるようになります。

相手の予定は必要な日だけ聞く

彼と会う予定はないのに、「明日なにしてるの?」「今暇?」と相手の予定を確認する行動は監視されているような気分になりますし、浮気を疑われているのかな? と思わせてしまうかもしれません。「今週だったらいつが空いてる?」と圧迫感のない聞き方ができるといいですね。

会っている・離れている時のメリハリ

離れていても会っていてもひたすらイチャイチャしていると、最初のうちは楽しいかもしれませんがだんだんと飽きてしまいます。相手との温度差を感じてさらに好きの気持ちが薄れることも。
会っている時は甘えて、離れている時はお互いにあまり干渉しないといったメリハリをつけることで、好きの気持ちが持続しやすくなるんです。

自分の時間を大切にする

彼と会わない時間も四六時中彼のことを考えたり、頻繁に連絡をとったり、自分の時間のほとんどを彼に捧げるような過ごし方をしていると、どんどん距離が近くなってしまい自分でコントロールできなくなることがあります。
彼と会っていない時は自分の時間を大切にして、趣味に没頭したり友人と会うなどしましょう。これもメリハリのひとつですね。

まとめ

ちょうどいい距離というのは、彼との時間も大切にしつつ自分の時間も大切にして、両立させるということ。どちらかに偏ってしまうと少しずつ歯車が狂い始めてしまいます。
常に両立させることは難しいですが、お互いに両立させようと意識すれば関係が崩れることはないはず……! 素敵なカップルを目指して、恋の両立を成功させてくださいね!