シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

彼と長く付き合いたいなら必読!「マンネリ」と「安定」の違いとは?

付き合って時間がたつにつれて、付き合い始めのようなドキドキは減ってきて、マンネリなのか、ただ関係が安定したのかわからない状態になっていきますよね。
よく言われるのが、付き合って「3か月目」が関係が続くか、それとも別れてしまうのかの境目ということ。ちょうどこれぐらいの時期になると、彼の好きな部分だけでなく嫌な部分だって見えてくるものです。
そこで今回は、マンネリと安定した関係の違いをご紹介します。「なんか最近彼との関係がマンネリしてきた……」「デートに飽きてきた……」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

マンネリと安定の違いとは?

彼と一緒にいる時“リラックス”か“退屈”か

彼と一緒にいる時にリラックスできるのなら安定だし、退屈と感じるのならマンネリでしょう。
時間がたつと会話が減るカップルもいるはず。けれど、会話がなくても安心感があって幸せというのなら、彼に会う回数も減らないだろうし、彼の短所に目がいって嫌味を言ってしまうということも少ないと思うんです。逆にマンネリだと会っても退屈だから幸せは感じにくいだろうし、自然に会う回数も減ることでしょう。
彼に会っている時、自分がどう感じているかでマンネリか安定かはわかるはずです。

お互いに信頼できているか

マンネリか安定かは、二人の間に信頼関係ができているかでもわかるでしょう。
マンネリした関係だと、例えば彼が飲み会で朝帰りになった際「本当は浮気じゃないの?」と疑っていても、問いただすのすら面倒になってしまったりします。ですが信頼関係ができた安定カップルだと、彼が朝帰りしてもそもそも浮気なんて微塵も疑ってなかったりしますよね。

うれしいことがあった時、一番に伝えたい相手は彼か

うれしいことがあった際、一番初めに伝えたい相手は誰か、と問われて彼の顔がすぐに頭に浮かぶならマンネリではなく安定だと思います。
もしうれしいことがあった時、一番初めに伝えたい相手は誰かと問われても、特にいないとか、彼の顔が浮かばないのなら心が離れてしまっている証拠。安定した関係は恋愛初期のような盛り上がりには欠けますが、その分彼との間に信頼ができているものです。うれしいことがあっても一番に伝えたいのは別に彼じゃないのなら、安定ではなくマンネリの可能性が。

違う異性にときめくか

新鮮味がなく、たいした信頼もできてないマンネリ時というのは、他の異性に目が行きやすかったり、心がなびいたりもしやすいもの。ですが安定した関係であれば、他の異性に目がいくこともそうはありません。
もしあなたが彼以外の誰かに興味を持ってしまっているのなら、それは安定ではなくマンネリの証拠。