シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

彼がうんざり!同居している相手と「スマートに別れる」3つの方法

フったにしろフラれたにしろ、とにかく破局とは辛いものです。そして、さらに相手と同居しているとなると、別れはますます複雑かつ面倒なものになります。一緒に購入した家具や家電をどうするのか、別れたのに、次の住居が決まるまで同居を続ける必要があるなど、問題は山積みに……。

そこで、海外ファッション誌『GLAMOUR』ウェブ版に掲載された記事を参照に、‟同居している相手とスマートに別れる3つの方法”をお届けしたいと思います。物質的に対処しないといけないことが多いだけに、これを読んだら、同居前からしておくべきことが見えてくるかもしれません。

 

■1:同居前にソファベッドを購入

同居前からソファベッドを購入しておけば、狭い家やワンベッドルームのマンションでも、破局後に自分の寝場所を確保できます。別れた相手と同じベッドで寝るハメになったり、固い床に寝たりするのだけは避けたいですよね!?

それにソファベッドが家にあれば、関係がうまくいっている時は、友達を泊まらせてあげることもできるし一石二鳥です。

 

■2:ちょっとした物なら諦める

特にあなたが相手にフラれた場合は、彼から出来るだけ、色んな物を奪い取りたい衝動に駆られるかもしれません。ですが、別れるだけでも辛いのに、「これは私の物だから!」と些細な事でモメていたら、ますます惨めになってしまいます……。

なので、ちょっとした物なら「くれてやるわ!」ぐらいの気持ちで、引き際はスッキリとしてみましょう。それに、彼との想い出が詰まった物を新居に持って行ったら、あまり縁起が良いとは言えません。

 

■3:出かけて楽しく過ごそう!

同居している相手と破局して一番最悪なのは、引っ越し先が決まるまで、別れたのに一緒に暮らさないといけない点です。その間に、あなたが決してしてはいけないのは、仕事を休んで家でメソメソ泣いて過ごしたり、彼に「別れたくない!」とすがりついたりすることです。

そんなことをしたら、さらに自分を悪い立場に引きずり込むだけなので、彼と顔を合わせないためにも、できるだけ出かけて楽しく過ごすようにしてください。そうすることで、次に始まる新生活もスムーズにスタートを切れるでしょう。

 

そして引っ越す前に、全ての書類手続きなどを済ませて、家を出た後に彼と連絡を取らなくてもよいようにしておくことです。やっと出て行ったのに、何だかんだとあなたから連絡が来たら、彼がうんざりしてしまいます。別れに関しては、常に“引き際はきれいに”を心掛けたいものですね!

 

【参考】