シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

当たりまくり!「あなたと仲良くなりたい人」がわかっちゃう質問

かっこいいなぁというひとがいて、自分は仲良くなりたいとおもっていても、相手が同じように考えてくれるとは限りませんよね。

もしかしたら、彼はあなたと仲良くなりたくないとおもっているかもしれません。それがはっきりすれば、いつまでも彼にこだわることなく、新しい男性にアプローチすることだって可能です。

気になる男性が、あなたと仲良くなりたいとおもっているかどうか、調べる方法ってないんでしょうか。じつはあるんです。

それはたった一つ、あることを聞くだけ。それはいったいなんだとおもいますか。詳しく、紹介します。

 

■あることを聞く

その質問とはいったいなにか。単刀直入に、「私と仲良くなりたいですか?」ってきくことではありません。もちろん、そう質問してもいいですが、正直に仲良くなりたくないって答えるひとは少ないですよね。

その質問とは、ズバリ「どこに住んでいますか?」というもの。どうして、住んでいる場所を訪ねると、あなたへの興味の有無がわかるんでしょうか。

じつは、アットホームが、住んでいる場所を聞かれた場合にどのように答えるかを、今後親しくなりたいひとと、あまり親しくなりたくないひとの場合でわけて調査しています。

その結果、今後親しくなりたいひとに対しては、最寄り駅を答えるというひとが68.8%で7割近くいるのに対し、あまり親しくなりたくないひとに対しては、都道府県で答えるが最も多く40.5%、最寄り駅で答えるというひとは18.8%で2割以下という結果だったんです。

つまり、最寄り駅を答える場合が、一番仲良くなりたいという気持ちが強いとするならば、沿線、市区町村、都道府県と範囲が広くなるにしたがって、あなたと仲良くなりたくないという気持ちが強いといえるかもしれないんです。

 

いかがですか。住んでいる場所というのは、収入、センス、仕事場との距離などが反映されるもの。あまり仲良くなりたくないひとに対しては、教えたくないという心理が働くのかもしれませんね。

その一方で、初対面でも聞きやすいのが住んでいる場所。さりげなく、気になる男性に住んでいる場所をきいても、怪しまれない質問です。一度、使ってみてくださいね。

 

【参考】

 住んでいる場所を聞く事に関する調査 – アットホーム