シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

引き締まらない原因はコレ!? 「垢抜け眉」を作るメイクアイテム3選

科学者によると、顔の中で最も重要なポイントは眉毛だそう。そしてプロのメイクアップアーティストによると、眉毛が最も正しくメイクするのが難しいポイントなのだそうです。

もともと眉毛の薄い人や濃い人、毛流れなども人それぞれ。自分の眉毛に適したペンシルやパウダーなどのアイテムを使うことは美しい眉毛を作るための最初のステップです!

そこで今回は、美容ライターの筆者が海外の美容情報サイト『BYRDIE』の記事を参考に、メイクの決め手“正しいアイブロウアイテム”の選び方をご紹介します。

 

■1:ペンシル

眉毛を形作るのに一番使えるアイテムが、ペンシルです。役目は“埋める”こと。カラーさえ合わせれば、ペンシルを使って自由自在に眉毛の形を変えることがきます。

ペンシルを選ぶ時はソフトで柔軟な芯のものがオススメ。描きやすく、いかにも描きましたという印象ではなくキレイに眉毛と一体になってくれます。もちろん、ブラシを使ってぼやかすことを忘れずに。

 

■2:パウダー

パウダーは薄い眉毛やカラーを付けるのに欠かせません。ペンシルよりも埋める効果が高く、眉全体を濃く見せてくれます。

眉頭を中心に塗っていき、ぼってりと重々しくするのではなく陰影をつけると理想な眉毛に仕上がりますよ。

 

■3:眉マスカラ

仕上げに必須なのが眉マスカラ。毛流れを整えるとともに、ペンシルやパウダーで作った眉毛を落ちることなく一日中キープしてくれる優れもの。また、もともと眉毛の濃い人は眉マスカラで毛流れを作るだけでもOK!

筆者はもともと眉毛の濃い方で、ペンシルで軽く埋めて最後に透明の眉マスカラを使います。とくにアイメイクの薄い日は、眉毛を濃くしてしまうと野暮ったい印象になってしまうため、極力ナチュラルに仕上げるのがコツ。

 

以上、今回はメイクの決め手“正しいアイブロウ”の作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

優しい雰囲気になるアーチ状や、しっかり山を作ってキリっとした印象を与える眉など形もさまざま。気合いをを入れたいプレゼンの日はしっかり眉、退勤後に合コンの日は薄めのナチュラル眉など使い分けができれば楽しいものですよ。

眉毛だけでイメチェンだってできちゃいます! まずは自分の自然な眉毛を観察し、なりたい眉に合わせてアイテムを使い分けてみてくださいね。

 

あわせて読みたい