シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

店頭デジタルスクラッチでLINE友だちを増やす!サマンサタバサのキャンペーン【FARO スクラッチ導入事例】




・紙のスクラッチカードの「当たり」「はずれ」のゲーム性をデジタルツールで実現し、手軽に短納期で提供
・ブランド側が用意した画像でデザインできるため、ブランドイメージを壊さない
・「LINE公式アカウント」をキャンペーン導線に組み込み、友だち純増数4千人超
 


 
キャンペーンの企画では、魅力的なインセンティブとともにお客様が自ら参加したくなるような仕掛けが大切です。「FARO SCRATCH(ファーロスクラッチ)」(以下、FARO スクラッチ 運営:株式会社ADDIX)は、スマホ画面を指でこすってスクラッチに挑戦できるキャンペーンツール。デジタルの手軽さと、指で削るというアナログな動作の楽しさが融合されており、多くの企業・ブランドで採用されています。

このFARO スクラッチが、2018年11月から実施された株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド(以下、サマンサタバサ)の「25周年キックオフ・プレ発表会ご招待キャンペーン」にてキャンペーンツールとして採用。キャンペーン導線に「サマンサタバサ公式LINEアカウント」の友だち追加を組み込むことで、LINE友だち数の増加にも貢献しました(※)。FARO スクラッチを活用した、サマンサタバサのキャンペーン事例をご紹介します。

(※)サマンサタバサ公式LINEアカウントの友だち数は、キャンペーン前と比較して2018年末の時点で4,212人の純増。

サマンサタバサは25周年!イベント招待キャンペーンでFARO スクラッチを採用

1994年に誕生したサマンサタバサは、2019年2月から25周年記念イヤーを迎えています。この特別な1年の幕開けとなったのが、多数の豪華ゲストを迎えて2月4日に開催された「25周年キックオフ・プレ発表会」。イベントでは、3月1日からスタートする「25周年記念キャンペーン」の内容が発表となりました。

(※25周年キックオフ・プレ発表会ご招待キャンペーンPOP画像。)

FARO スクラッチがキャンペーンツールに採用された「25周年キックオフ・プレ発表会ご招待キャンペーン」は、この記念すべきイベントに500組1000名を招待するもの。全国のサマンサタバサグループ店舗、及び公式オンラインショップで20,000円(税抜)以上ご購入いただいたお客様に、イベント参加への抽選にチャレンジしていただくキャンペーンとなっていました。

今回のキャンペーンの目的の1つに、サマンサタバサ公式LINEアカウントの友だちを増やすことがありました。そのため、店頭でのキャンペーン応募フローは下記のように設計されました。

<「店頭」でのキャンペーン応募フロー>
(1)20,000円以上ご購入のお客様にキャンペーン案内のPOPを提示
(2)POP上のQRコードから、サマンサタバサの公式LINEアカウントへ
(3)公式LINEアカウントと友だちになっていないお客様は「友だち追加」を行う
(4)店頭スタッフが伝えたキーワードを、LINEのトーク画面に入力
(5)トーク画面に表示されたアイコンをタップして、応募フォームへ
(6)応募フォームに入力し、「応募する」ボタンを押下
(7)スクラッチ画面が表示されるので、画面を指でこすって挑戦
(8)当選した方には、イベント参加に必要な詳細情報の入力フォームを表示
(9)はずれた方には、「ダブルチャンスキャンペーン」の案内を表示

(※キャンペーンの画面キャプチャー)

ポイントは、LINE公式アカウントのトーク画面をスクラッチ画面への入り口に設定したこと。その結果、サマンサタバサ公式LINEアカウントの友だち数は、キャンペーン開始前と比較して4,212人(2018年末時点)の純増となりました。

ブランドの世界観を表すスクラッチ画面のデザインが、ファンの心を躍らせる

本キャンペーンでのサマンサタバサのスクラッチを実際に体験しながら、キャンペーンフローを詳しくご紹介します。

まず、サマンサタバサの店舗で20,000円(税抜)以上購入します。すると、スクラッチキャンペーンの案内POPを店舗スタッフの方が提示。こちらのPOP上のQRコードからキャンペーンに進みます。

(※公式LINEアカウントのQRコードを、税抜20,000円以上の購入で提示される案内POPに記載。キャンペーンの入り口をLINEアカウントに設定し、友だち数増加を図った。)

このQRコードを読み取ると、サマンサタバサ公式LINEアカウントのトーク画面が表示されます。

ここで、まだサマンサタバサ公式LINEアカウントと友だちになっていない場合は、「友だち追加」画面に遷移。公式LINEアカウントと友だちになると、トーク画面が表示されます。

サマンサタバサ公式LINEアカウントのトーク画面に、スクラッチ参加へのアイコンが届きます。これをタップすることで抽選に挑戦できます。

抽選にチャレンジできるスクラッチ画像が表示されました。サマンサタバサらしい、センスが感じられるデザインです。

(※スマホに表示されたスクラッチ画面。デザインは管理画面からの設定で変更可能。)

FARO スクラッチでは、管理画面からの設定によってスクラッチのデザインをカスタマイズ可能。あらかじめ用意した画像を使用することもできますので、デザインセンスが重要なファッション・ビューティ系ブランドのキャンペーン活用もスムーズです。

スクラッチを削るワクワク感!スマホ画面を自分の指でこすって消していく体験

スマホ画面を指でこすっていくと、表示されたスクラッチ画像が徐々に消えていきます。リアルな自分の指の動きによって、(スクラッチカードを実際に削っているように)デジタルな画像が変化していくのは少し不思議な感覚です。

(※スマホ画面を指でこすると、スクラッチが少しづつ削れていきます。)

こすっていくと、画像の下から何かが見えてきました。スクラッチが消えていくスピードは、管理画面から調整することができます。

どんどん削っていくと・・・当選しました!!

(※当選画面が表示されました。)

当選画面の下部に「応募フォーム」へのリンクが表示されます。

(※当選画面下部に「応募フォーム」へのリンクが。応募フォームへ遷移します。)

リンクをクリックすると、サマンサタバサのサイト内に用意されたフォームに遷移。イベント参加に必要な情報をフォームに入力して、キャンペーンの一連の流れが終了となります。

(※サマンサタバサのサイト内に用意された応募フォームに、イベント参加の必要情報を入力します。)

抽選にはずれたらWチャンス!SNSに「#サマンサタバサ25th」をつけて投稿

このキャンペーンでは、スクラッチで抽選にはずれた場合にもダブルチャンスが残っていました。はずれ画面内にメッセージを入れ込むことにより、ごく自然な流れでSNS投稿キャンペーンへの参加を促す導線設計です。

(※はずれた人に表示される「ダブルチャンスキャンペーン」ご案内メッセージ)

「ダブルチャンスキャンペーン」は、InstagramなどのSNSにハッシュタグ「#サマンサタバサ25th」をつけて自分の夢を投稿。投稿した方の中から抽選で10組20名が「25周年キックオフ・プレ発表会」に招待されるというものでした。

FARO スクラッチは今回のキャンペーンのように、スクラッチの結果が出た後に「当たり」「はずれ」それぞれに向けたメッセージを見せることが可能です。その内容によって、各参加者のキャンペーン参加後の導線をコントロールすることができます。

簡単・手軽なデジタルツールFARO スクラッチで、効果的なキャンペーンを!

スマホ画面を指でこすってトライできる、デジタルスクラッチキャンペーンが簡単に実施できるFARO スクラッチ。サマンサタバサのキャンペーンでは、導線の設計に工夫を凝らして、相乗効果を上げているのも成功のポイントでした。

店頭で、来店者に店舗側で用意したiPad等で手軽に参加して楽しんでもらえるキャンペーンなど、使い方次第でさらに効果的な活用方法がまだまだありそうです。

text/Keiko Matsumoto(ADDIX)

【関連リンク】
■サマンサタバサ公式オンラインショップ
https://online.samantha.co.jp
■サマンサタバサ25周年スペシャルサイト
https://25th.samantha.co.jp/

 

関連リンク

FARO_scratch_logo

FARO SCRATCH(ファーロスクラッチ)

スマートフォンでスクラッチゲームを体験できる、デジタルキャンペーンツール
https://faro-scratch.com/