シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

幸せな恋がしたい!「恋が長続きする」相手選びのコツ4つ

「誰と付き合ってもすぐ別れてしまう」と短期恋愛を繰り返す場合、付き合う人、好きになる人がそもそも自分に合っていないという可能性が大です。そこで今回は、長く続く恋をするために心がけたいことについてご紹介します。

恋が長続きする相手選びのコツ

1: 好みよりも自分に合うかどうか

恋愛をする際に、「自分の好みかどうか」を重視するのもいいですが、好みだけで相手を選ぶと恋が続かない……という場合は、「自分に合うかどうか」を考えてみましょう。
「好みじゃないのに、自分に合う人って……!?」と思うかもしれませんが、たとえば共通の趣味がある・性格が似ている・優しくて付き合ったら大事にしてくれる・話していて波長が合うなど、「付き合ったら長続きしそう」な要素って、実はたくさんあります。「好み」に固執してばかりいると、幸せな恋愛とは縁遠くなってしまうかも……。

2: 自分がモテる市場を探す

ある商品がある地域では全く売れないのに、他の地域では大人気……ということがあるように、「自分がモテなさそう・モテそうな男性のタイプ」って、誰しもあるかと思います。
例えば、毎晩シャンパンを飲んでいるような派手め男子があなたのタイプだとしても、あなた自身が真面目そうな雰囲気を漂わせている場合だと、お堅めな企業に勤めているような真面目男子からの方がモテる可能性が高かったりします。そして、仮に派手め男子と付き合うことに成功したとしても、やはり付き合っているうちにどこか違和感を感じたりして、長く続かない可能性が高いのです。その逆に、真面目男子と付き合うと長続きし、結婚までこぎつけることも多々あったり……。
まず自分はどんな男子にアプローチされやすいか、今までどんな男子に告白されたか、過去に長続きした相手はどんな人かを思い出してみましょう。思い出したら、そういう男子との出会いの場に足を運んでみましょう。

3: 恋愛にかける熱量が似ている相手を探す

意外と見落としがちなのが、相手との「恋愛にかける熱量」の違い。つまり、「恋愛をどの程度重視しており、生活において恋愛が占める割合は高いのか、低いのか」ということです。
例えばあなたが「週に2回はデートをしたい」「LINEの返信は即欲しい」という人だったとすると、「月1回会えれば十分」「LINEは2日に1回しか返信しない」という人とは合わない、というのは想像ができますよね。
交際に至るまでのデート2、3回で、恋愛に対する相手の熱量はだいたいわかりますよ。

4: 追いかける恋はしない

好きな人が振り向くまで必死に追いかけるハングリーな肉食女子もいるかもしれませんが、もし追いかけまくった結果付き合えたとしても、彼があなたのアプローチに「負けたから」という理由で付き合ってくれた可能性があります。
そしてそういう場合、高い確率で付き合えても長続きはしないのです。男性は基本的には、「追われる」より「追いたい」生き物だからです。