シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

平日朝から仕事がはかどる!「仕事始めの10分」にすべきルーティーン

みなさんは、仕事ができる人とできない人の差は何だと思いますか? じつは仕事ができる人は仕事に取りかかる際に、特別なルーティーンがあるといいます。

何をしているか、気になりますよね?

そこで今回は、海外の起業家向けサイト『Inc.』などの記事を参考に“劇的に仕事がはかどる仕事始めのルーティーン5つ”をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

■1:スケジュールを見直す

具体的な仕事に取り掛かる前に、1日のスケジュールを見直しましょう。もしかしたら、スケジュールの組み方によっては、より効率的に仕事を進められる方法があるかもしれません。また、優先課題が見つかったりするかもしれません。

まず始めに1日の全体スケジュールを見直しましょう。

 

■2:成功をイメージする

仕事に取り掛かる前に、今からやろうとしている仕事の完成型をイメージするのです。どういう状態にしたら良いか、どういう型が理想形なのか、具体的にイメージしてください。すると目標がハッキリするので、効率が上がります。仕事で成功する型を具体的にイメージしてください。

取りかかる仕事を目の前にして、まずは理想の形で終わらせることをイメージしましょう。

 

■3:エクササイズする

仕事に取りかかる前には、ちょっとしたエクササイズをしましょう。ストレッチをしたり、少し周りを歩いたりしてみましょう。

軽く体全体のエンジンを温めるのです。

 

■4:机の周りをキレイにする

仕事に取りかかる前には、まだやることがあります。デスク周りや、ワークスペース周りをキレイにするのです。

これをするだけでも、作業効率が俄然あがります。気持ち的にもスッキリした気持ちで仕事が始められるでしょう。

 

■5:失敗を引きずらない

成功している人は、決して前日の失敗を引きずりません。朝を迎えて新たな仕事を始める前には、きっぱりと切り替えています。

この切り替えが、じつは非常に重要です。成功している人は過去のことを悔やんでも、何も変わらないことを知っているのです。悔やんでいる時間があれば、その時間を仕事にまわしたほうが良いことを知っているのです。

 

以上、“劇的に仕事がはかどる仕事始めのルーティーン5つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

こうした小さい習慣はついつい見落としがちですが、こうしたことをキチンと実行できるかどうかが、成功するかしないか?の差でもあります。

小さいこととバカにせずに、確実に実行していきましょう。

 

あわせて読みたい