シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

平成最後のバレンタインに贈るなら…記憶に残るメンズパンツ5選

年が明けたかと思ったら、あっという間に1カ月が過ぎ、もうすぐバレンタイン!平成最後のバレンタインですから、やはり記憶に残るギフトを用意したいですよね。その点、下着のギフトは記憶に残る確率も高いと言えそう。

なぜなら、まず下着というアイテム自体にインパクトがありますし、実用品なので使用する頻度も高く、思い出してもらう機会も必然的に多いと言えます。男性は自分で購入する場合、どうしてもベーシックなものを選びがちなので、ギフトにはちょっと派手だったり遊び心があったり、あるいは贅沢な素材使いのものだったりすると、さらに喜んでもらえそうです。

また、最近のメンズパンツの傾向として、締め付け感から解放する軽くて楽チンなはき心地のものが増加中。下記で紹介しているボディワイルドの「AIRZ」や、ブロスの「パンツホリック」などが、その代表。「下着はいつも決まったお店で買う」という男性にも、ギフトとして贈れば新発見があって喜んでもらえそうです。特にこの二つはサイズのカバー力もあるので、いつもお世話になっている人へ、御礼を兼ねたギフトとしてもオススメです。

感謝の気持ちを伝えるのにも、恋心を伝えるのにも、バレンタインはよい機会。ギフト選びの時間も含めて、平成最後のバレンタインを楽しんでくださいね。

大切な人に贈りたい、ラグジュアリーなシルクトランクス

basara2

特別な気持ちを伝えたい人へのギフトは、やはりスペシャルなものを用意したいもの。シルクトランクスなら、気持ちもきっと伝わるはず。使われているシルクは、フランスの名門ブランドのスカーフと同じメーカーのもの。それにオリジナルプリントをのせ、日本で縫製されています。同じプリントを使ったブラジャー&ショーツやキャミソールなども展開しているので、おそろいを楽しんでみるのも素敵です。

シルクトランクス15,000円/バサラ シルク ランジェリー

“解放感が、パンパない”ストレトフリーのはき心地

bodywild1

bodywild2

「解放感が、ハンパない」大きな理由は、ウエストゴムがないこと。一般的な腰ゴムを使わずに切りっぱなしの仕様にすることで、着用圧を約4割に抑えているのだとか。ゴムがなくても、生地全体でホールドする新開発の素材を使用しているから、もちろん脱げる心配はなし。さらに裾も切りっぱなしのフラット仕上げでゴロつきがなくパンツにもひびかないため、オシャレな男性もきっと満足してくれるはず。

AIRZ(エアーズ) 1,800円/ボディワイルド(グンゼ)

SからLまでを1サイズでカバーする新設計

bros

ギフトにパンツを贈る場合、一番心配なのがサイズ選び。でも、このパンツなら心配無用。なぜなら、SサイズからLサイズまで1サイズで対応する新設計だから。伸縮性の高い糸を使用することで、ウエスト68cmから94cmまでを1サイズで対応。よく伸びて、包み込むような感覚のはき心地と適度なフィット感を実現。このブランドの商品価値を伝えるプレゼンターを務める「メイプル超合金」のカズレーザーさんが、その魅力をウイットに富んだ表現で紹介している動画があるので、チェックしてみては?

パンツホリック1,500円/ブロス(ワコール)

アンダーベアがウエストゴムにONした癒し系パンツ

moschino1のコピー

moschino2のコピー

moschino3のコピー

ユーモアとモードを融合したクリエイションで人気のイタリアブランド「モスキーノ」。マスコットキャラクターのアンダーベアがウエストゴムにONした癒し系パンツです。こんな可愛いパンツを、あえて大人の男性に贈るというのがバレンタインならではのアプローチ。白・黒・グレーとそろいますが、イタリアの男性には意外に白の下着が人気。あえて白を選んでみては?

テディペアパンツ 6,000円/モスキーノ(H3O FASHION BUREAU)

ブリーフ派の彼には、他と差がつくフランス発のブランドを

aubade2

もし、意中の彼がブリーフ派と判明したら、迷わず「オーバドゥ」をセレクト。 “誘惑のためのランジェリー”をテーマとするフランス発ランジェリーブランドが提案するメンズ下着なので、程よくセクシーな魅力が漂います。実はこれ、ラグビーチーム「スタッド・フランセ・パリ(SFP)」とのコラボ。スタイリッシュなフォルムで、青のベースに稲妻プリントがユーモラス。「さすがフランス!」と思えるオシャレな1枚です。

メンズブリーフ7,000円/オーバドゥ(オーバドゥ・ジャパン)