シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

干物女に朗報!週に1度の「脱・ファンデ」で起こる素敵な事3つ

毎日のメイクのなかでも特に念入りに行うのが、“肌作り”。ファンデーションやコンシーラーを駆使して、「気になる肌トラブルをカバーしている」という方が多いのではないでしょうか。

ですが、毎日しっかりメイクをしていては、肌は休まりませんよね。そのうえ、肌への負担から更なるトラブルを引き起こすことにもなりかねません。

とはいっても、ファンデーションを塗らずに仕事に行くのは至難の業……。そんな方にオススメしたいのが、“休日の脱・ファンデ”。ここでは、週1日のノーファンデーションで起こる素敵な事を、3つご紹介していきたいと思います。

 

■1:肌への負担が減る

ファンデーションに含まれる油分や防腐剤、合成界面活性剤などは、肌の負担になると考えられています。また、ファンデーションを塗る際の指やパフの刺激も、肌にシミ・くすみの原因を作ります。そのため、ノーファンデの日を設けることで肌への負担が減ります。

 

■2:メイク時間が短縮できる

ファンデーションは、顔の広い範囲に丁寧に塗っていく必要があるため、時間がかかってしまうのは仕方がありません。では、その時間を短縮できたらどうでしょう。パーツメイクに力を入れられたり、メイクそのものの時間を短縮できたり……。朝、有効に使える時間が増えますよね。

お肌の調子が良いときは、脱ファンデをしてみるのもアリかも?

 

■3:色素沈着・シワの心配が減る

ファンデーションを塗るとき、そして落とすとき、肌をこすっていては、角層が傷ついて肌のバリア機能が壊れてしまいます。その結果、乾燥やキメの乱れ、シワといったトラブルを生むことに……。それだけではなく、摩擦が刺激となって色素沈着を引き起こすこともあります。

 

“休日の脱・ファンデ”、早速試してみたくなった方も多いのでは? ここで気を付けたいのが、日焼け止めを必ず塗るということ。屋内・屋外のどちらも紫外線が降り注いでいるので、対策はお忘れなく。その上から、肌への負担が少ないミネラルパウダーをブラシでのせても良いでしょう。

美肌キープには、素肌を休ませることも大事ですよ。

 

【おすすめ記事(PR)】