シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

帰宅時の顔に…ギョッ!「目のくぼみ」がげっそり深まるNG行為5つ

うるんだ瞳で彼を見つめたり、上目使いをしたり流し目をしたり……。目は女性の顔の中でも、最大の武器となるパーツといってよいでしょう。それなのに一度くぼんでしまうと、魅力も目力もすっかり色あせ、疲れ切った老け顔にしか見えなくなってしまいます。

「朝は気にならなかったのに、帰宅するときにはくぼんでる」もしもそんな状態なら、日中の間に目のくぼみを深くさせるNG行為をしている証拠です。

 

1:PC、スマホを長時間使う

くぼみ目の最大の原因が、目の酷使です。日中は仕事などでパソコンを使い続け、休憩時間や通勤時間までスマホを見続けていては、目の休む暇がありません。テレビの見すぎも同様に眼精疲労の元となります。

 

2:目を動かさない

目を使って何かを見るとき、まっすぐ真正面のものしか見ていないと危険。目のまわりの筋肉がほとんど使われず、簡単に衰えやすく、くぼみ目や垂れ目を招いてしまいます。顔は動かさないまま、目玉だけを上下左右に時々動かすようにすると、眼輪筋のトレーニングになります。

 

3:睡眠不足

睡眠の良し悪しは目元にもはっきり表れます。十分な睡眠をとっていないと目周辺だけでなく顔全体のハリも失われ、目元もくぼみやすくなります。

 

4:目元専用メイク落としを使っていない

目元の皮膚はとても薄く、ダメージを受けやすい部位です。そのためアイメイクをしたときに目元専用のメイク落としを使っていないと、目の周辺の皮膚が傷つき乾燥しているかもしれません。

 

5:痩せ型の体型

顔にだって多少の脂肪がないと、ハリは出ないもの。目のくぼみはふくよかな人にはあまり見られず痩せ型の人に多いのは、そんな理由があるから。ダイエットで急激に体重を落とした人や、細身の人は、くぼみ目対策をほかの人よりしっかり行うようにしましょう。

 

年齢を重ねれば目元がくぼんでしまうのは仕方ないことですが、少しでもそのくぼみを出さないために、これらの行為には十分注意してくださいね。