シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

小顔もリフトアップも叶える!知られざる「チーク」のメリット3つ

忙しいからと、ファンデーションと眉毛、アイメイクだけを済ませて、チークを省いてしまってはいませんか? しかし、チークには血色をよくするだけでなく、顔全体の印象を左右する大きな役割があるんです。
チークを入れることで、小顔効果やリフトアップ効果などが期待できるんですよ! 今回はチークの効果と、いれ方のポイントをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report


■メリット1:小顔効果

チークは入れ方次第で顔を大きく見せたり、小さく見せたり出来ます。

入れる位置によって頬の範囲が浮き出てくるので、小顔に見せたい場合はチークを少し高めで、口角と目尻を結んだラインより内側にのみに逆三角形に入れることで、白人のようなシュッとした横顔になり、頬の大きさをカモフラージュすることができます。
ポイントは「丸く」ではなく「逆三角形」にチークを入れることで、縦長を強調することができ、より顔がスッキリした印象になります。


■メリット2:リフトアップ効果

また、チークを入れることによって、顔全体がキュッと上に持ち上がるようなリフトアップ効果もあります。
可愛らしく見せたい時は、高めで、少し顔の中心に寄せると良いでしょう。

逆に大人っぽく落ち着いた印象にしたい場合は、少し下めに入れてみて。
ただし頬骨より下に入れてしまうと、老けて見えるだけではなく、頬の範囲が長く見えてしまい男性的な印象になってしまいますのでご注意を。


■メリット3:シミ・そばかすをカモフラージュ

シミやそばかすは斑点の色素が強く、とくにそばかすの場合は広範囲にわてって出来ることが多いです。
しかし、一つひとつをコンシーラーで消そうとすると、厚塗り感が出てしまいますよね。そこで、チークの赤みを利用します。丁度よい血色の良い顔色にしてくれ、上手にそばかすをカモフラージュしてくれます。


チークをうまく使うことによって、顔色を良くするだけでなく、小顔効果やシミ隠しなどさまざまなメリットああります。みなさんも、是非お試しくださいね。


(中花絵里香)