シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

尊敬できる人ってこんな人!仕事で出会った尊敬できる先輩のエピソード

1:尊敬できる人がいないと面接で困る…

「面接で尊敬できる人は誰かと聞かれて、返答に困ってしまった……」という人も少なくありません。尊敬している人は、その人の憧れ、つまり目指す人物であるということです。そして、その人のどこを尊敬しているかで、考え方や理想までもがわかるのです。

そのため、誰を尊敬できる人とするかは、印象や好感度を得るためにも、重要なポイントとなるといえるでしょう。

 

2:尊敬できる人物の特徴5つ

(1)誠実

真面目で、人に対して真心をもって接せられる人は、人格者として尊敬されやすいでしょう。嘘つきが信用ならないのに対して、どんな小さな口約束であっても覚えていて、約束したことは必ず守るような人は、誠実な人として尊敬されやすいです。

(2)常に穏やか

感情的になりやすく、すぐ怒鳴ったり怒ったりしてしまう人であれば、常に穏やかな人を尊敬する傾向があるでしょう。ネガティブな感情を表に出さず、コントロールできる人は、自分にないものをもっている人として、憧れに似た感情をもちます。

(3)自分の間違いを素直に認められる

妙なプライドがあって、自分が悪いとわかっていても絶対に謝らない人は周囲から呆れられてしまいますが、その逆に、自分の間違いを素直に認められる人は、尊敬されるでしょう。また、知ったかぶりをせず、立場や年齢を越えて教えを請える人も、心が柔軟な人として、尊敬を集めますよね。

(4)勤勉家

向上心が高く、いつも知らないことに対して貪欲に勉強をし続けている人もまた、尊敬されやすいでしょう。そういった勤勉家は人徳も高いので、知識をひけらかしたりしないため、謙虚な態度も尊敬のポイントになりやすいです。

(5)洗練されている

言葉使いが乱暴でがらっぱちな人をカッコいいと思う人もいますが、一般的には、上品で洗練されている人のほうが尊敬されやすい傾向にあるでしょう。自分が発する言葉にどんな影響力があるかを常に考え、慎重に発言できるので、失言もありません。

 

3:尊敬できる先輩ってこんな人!職場の尊敬できる先輩のエピソード5つ

(1)部下や後輩がわかるまで説明してくれる

 

「うちの先輩って、本当に尊敬できる。新人や後輩がちゃんと理解できていないのを見過ごさずに、わかるまで丁寧に教えてくれるんです。具体的にわかりやすい例を出しながら話してくれるから、みんなついていきたくなる。そんな先輩のことが大好きです」(Gさん・32歳/会社員)

(2)仕事ができる

「職場で尊敬している先輩は、とにかく仕事ができるし、報告・連絡・相談に対する対応もすごく早いんです。あと、お客さまからクレームが入ってどうにもならないくらい困ったときも、先輩が電話を代わったら、それまで怒り心頭だったのに、すんなり納得してくれて……。まさにクレーム対応の神って感じでした」(Fさん・29歳/会社員)

(3)叱り方が的確

「私の職場の先輩は、叱り方が本当に的確で、尊敬しています。感情的に怒ったり、抽象的な説明をするんじゃなくて、原因を的確に言い当てて、褒めるところは褒めてくれながらきっちり叱ってくれる。本当に私のことを考えてくれているんだって感じられるから、こちらも素直になれるんです」(Hさん・28歳/事務)

(4)顧客満足度が高い

「販売の仕事をしているのですが、先輩に、とにかくお客さまの満足度がすごく高い人がいます。常連さんには絶対に名前を憶えられていて、お店に入ってくると“〇〇さん、いる?”って聞いてくるくらい。接客も上手なので、みんながお手本にしています」(Jさん・27歳/販売)

(5)プライベートも充実している

「仕事もバリバリだけど、仕事ばかりしているワーカーホリックなタイプじゃなくて、プライベートも充実している先輩は尊敬されています。ダラダラ残業したりしないし、“今日は予定があるからお先~”ってサクッと帰っていく日も多いんです。

趣味もいっぱいあるみたいですが、資格の勉強もしているみたい。その分、人間の幅みたいなものがあって、仕事以外のことも親身になって相談に乗ってくれる。自分もその先輩みたいになりたいです」(Sさん・25歳/人事)

 

4:尊敬できる人に出会うにはどうすればいい?

(1)部分的に尊敬できるところを見つける

全部が素晴らしい!という人は少ないですが、誰にでもひとつはいいところがあります。身近にパーフェクトに尊敬できる人がいない場合には、部分的にでも尊敬できるところを見つけましょう。それらを合体させれば、自分の理想的な尊敬できる人ができるかもしれません。

(2)実業家や有名人の中に見つける

実業家や有名人など、活躍しているビジネスパーソンの中から尊敬できる人を見つけるのも手段です。今の時代だとSNSもありますし、そういった人が考え方をまとめた本も数多く出版されていて、どんなふうに物事を捉えているのかがわかりやすいですよね。自分もこんなふうになりたいと思える人がきっといるはずです。

(3)目標を達成している人

自分が目指しているゴールや目標を達成している人を、尊敬できる人に設定してみるのもアイデアのひとつです。例えば、何かの資格を取りたいと思っているなら、その資格をすでにもっている人、転職したい会社があるなら、そこに勤めている人などです。尊敬できる人をみつけることは、自分探しにもつながります。

 

5:まとめ

尊敬できる人を見つけることによって、仕事へのモチベーションがアップしたり、もうひと頑張りしようという気力が湧いてきます。また、夢を叶えた人たちが世の中をどんな目線で見ているのかを知ることによって、気持ちが軽くなったり、発見や気づきがあることも多いでしょう。

尊敬できる人がいない人は、ぜひ尊敬できる人を見つけてみてください。