シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

容姿端麗だから不人気!「結婚相手に選ばれない女性」の特徴3つ

あの人きれいだけど、なんでなかなか結婚できないのかしらね……そんな風に同性から言われる女性が、世の中には存在しています。結婚相手なんてすぐに見つかりそうなのに、意外にもまだ独身。そんな女性には、“男性から選ばれない特徴”が隠されていることがよくあります。

今回は、心理カウンセラーの筆者が、多くのカウンセリング経験の中から、実際に“結婚したいのにできない”女性によく見られる、3つの特徴をピックアップしてご紹介します。

 

■1:容姿端麗

まずは身体的特徴という面ですが、世の中には確かに、顔も美しく、スタイルもよく、自分でそれを自覚して、その特徴をよくアピールする洋服を選ぶことができる……という女性が数多くいます。正直、同じ女性からは尊敬のまなざしで見られていることさえ、珍しくはないですよね。

しかし、その隙のない完璧な、美しい容姿こそが、結婚願望のある男性を遠ざけているひとつの原因です。男性から見れば、「家庭のこまごまとしたことをやってくれなさそう」というイメージに。

こんなときは、洋服だけでも時折、体型を隠すようなナチュラルなものを着てみるなど、工夫が必要です。

 

■2:洋服、バッグが高そう

ひと目見て、ブランド品であることがわかる洋服やバッグを、日常的に身につけている女性がいます。さきほど挙げた、容姿端麗な女性の中にも、こうした人は多いもの。ですが、これもまた、結婚をしたい男性にとってはNGなのです。

なぜなら、男性は結婚後の女性に、自分の身なりよりも、家庭を適切に運営する金銭感覚と能力を求めるから。高価な品物ばかりを身につけている女性は、「お金がかかりそう……」と判断されてしまい、結果、「この女性とは結婚したくないな、できないな」と思わせてしまいます。

ブランド品が他人の目に付く機会を減らすなど、少し隙のあるファッションを心がけましょう。

 

■3:爪がピカピカ

ネイルは今や、女性のおしゃれの定番となりました。しかしこれは、男性にとっては「家庭的ではない」ことの象徴のようなもの。正直、ネイルをデコレーションしていても、料理くらいはできますが、男性の目からはそうは見えません。

常に隙のないきらびやかなネイルをしているほど、「この子、料理ができなさそう……」「不潔っぽい」という印象を与えがちです。

常にとは言いませんが、時にはさっとマニキュアを塗るだけのナチュラルなネイルで行動し、「常にごてごてしたネイルをしている」という印象を取り払っておきましょう。まして合コンや婚活のときには絶対におすすめできません。

 

いかがでしたか? 結局男性は、結婚相手としては、お母さんのように身の回りの面倒をみてくれ、安心させてくれる女性に惹かれるもの。ただキレイな女性などお飾りでしかありません。あなたもなかなか結婚相手が見つからないことでお悩みなら、自分がただキレイな女性になってしまっていないか、確認してみてくださいね。

 

【姉妹サイト】