シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

実家暮らし女子あるある?「彼氏ができると困ること」とは

ある程度の家のことをやってもらえるし、家族が近くにいることで安心感も得られる実家暮らし。しかしメリットもあれば、当然デメリットも存在します。特に彼氏ができた場合、「一人暮らしのほうが色々と自由がきくのになぁ……」なんて思ってしまうことも。
そこで今回は「彼氏ができると困ること」について、実家暮らし女子にリサーチしてみました。

1. 色々聞かれる

・ 「お母さんにチラッと彼氏ができたことを報告したら、毎日のように『どんな人なの?』『もう一回写真見せてよ!』と言われるようになってしまった」(20代/営業事務)

・ 「私が週末に家にいるだけで『彼氏とは出掛けないの?』『もしかしてもう別れたの!?』と聞かれること。そんな毎週遊びになんか行かないから!」(30代/経理)

▽ たまに恋バナをする程度なら楽しいかもしれませんが、毎日のように聞かれてしまうのはちょっと疲れちゃうかも……。「放っておいてよ!」と言いたくなる気持ちもわからなくはないでしょう。

2. 夜に出掛けると怒られる

・ 「仕事終わりの彼に会おうと22時過ぎから準備をしていたら、父親に『こんな時間に呼び出す男なんかダメだ!』と怒鳴られてしまった。そんなこと言っても向こうも忙しいんだし、私だってもういい大人なんだから別にいいじゃん……と思いましたね」(20代/歯科衛生士)

▽ きっと両親も心配しているんでしょうね。とはいえ好きな時間に出掛けられないのは、ちょっとストレスが溜まってしまうかも。こんなときに一人暮らしだったら気兼ねなく出掛けられるし、彼を自分の家に呼ぶこともできるのになぁ……なんて想像してしまいます。

3. 朝帰りが気まずい

・ 「日中遊んでそのまま彼氏とホテルに泊まり。みんなにバレないようそっと家に帰ったつもりでも、意外と家族を起こしてしまうことが多い」(30代/サービス業)

▽ 朝帰り後の家族の視線は、少々痛いものがありますよね。とはいっても時間が合うのであれば、夜でも彼氏と過ごしたい気持ちもありますし……。家族から余計なツッコミをされないよう、なるべくコッソリ家に入る女性が多いようです。

4. 電話がしづらい

・ 「夜中に彼氏と『大好きだよ』と電話で話していたら、全部隣で寝ていた母親に聞かれていたらしく……。翌日『ラブラブでいいわね~』『でもうるさくて眠れないから、次からはもう少しボリュームを小さくしてね』と怒られてしまった」(20代/アパレル)

▽ いくらスマホがあるとはいえ、実家暮らしだと電話にも気をつかいます。壁を一枚隔てているだけなので、家族に会話が丸聞こえな場合も……。かといってヒソヒソ声では、彼氏に話が伝わらないですよね。結果通話はあまりせず、文面のやり取りが多くなってしまうようです。

まとめ

実家暮らしだとどうしても家族の目が気になるところ。でもそれがかえって彼との同棲や結婚を早めるきっかけになることもあります。ぜひ彼氏とも相談した上で、次のステップを計画してみてくださいね。