シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

実は落語好き! B’z稲葉浩志さんと落語家・立川談春さんの異色の対談がネットで話題に!!

スクリーンショット 2016-01-18 18.22.51
音楽ユニット・B’zのメンバーでボーカリスト、作詞家、作曲家としておなじみの稲葉浩志さん。そして、落語立川流所属の落語家、人気ドラマ『下町ロケット』にも出演されていた、立川談春(たてかわ だんしゅん)さん。

一見、共通点のないように思える2人が、初の対談を実現。稲葉さんオフィシャルサイト「en-zine」にて、その全貌が公開されています。

【以前から落語に興味を抱いていたという稲葉さん】

知り合いから談春さんの存在を聞き、DVD『立川談志 立川談春 親子会 in 歌舞伎座』(稲葉さん曰く「ロックなドキュメンタリー」)を観て興味を抱いたという稲葉さん。

ドラマ化もされた談春さんによるエッセイ『赤めだか』を読破した後は、浅草の寄席にも自ら足を運んだそうで、談春さんはもちろんのこと、落語が持っている独自の世界観にも引き込まれていったんですって。

【談春さん「平日の昼間の浅草は……」】

この発言に対し、「平日の昼間の浅草は、落語を初めて聞く人にとっては非常にデンジャラスなところ」と、ユーモラスな返しをする談春さん。

思わずププッと吹き出してしまう小気味良いやり取りや、その間々に挟みこまれる興味深い話を聞いていたら、気がつけばあっという間に1時間経ってしまいます。

【ネットの声】

動画を観た視聴者のみなさまからは、以下続々、コメントが届けられている模様。

「面白い対談で即お気に入り登録しました」
「落語ってのは『楽語』ですな」
「いやどう見ても稲葉さんが2才上には見えないwwwww」
「稲葉が最近落語を好んで聞いているというのは知っているが、ここまでするとは面白い」
「最高です」
「まさかの落語」
「2人の世界が出会った化学反応……熱くもあり味わい深くもあり、素敵でした」

【落語を聞きに行きたくなる!】

意外な組み合わせの2人が織りなすトークは、双方のファンはもちろん、それ以外の方にとっても必見。

落語という世界に “敷居の高さ” を感じていたというあなたにこそ観てほしい、60分におよぶ対談。お時間のある際にぜひとも、ご覧になってみて!

参照元:稲葉浩志 Official website「en-zine」YouTube(B’z Official YouTube Channel)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 実は落語好き! B’z稲葉浩志さんと落語家・立川談春さんの異色の対談がネットで話題に!!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事