シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

安価オフィス服を「モデル風」に格上げ!大人女子の着こなしルール

ファストファッションは、主にトレンドを全面に推したリーズナブルなアパレル店舗。じつはベーシックなアイテムも揃っていることから、若い世代のみならず、私服で通勤する女性の強い味方にもなっています。購入したことがある人も多いのでは?

そんななか、ワーカー世代が注目する女性ファッション誌『GINGER』からスタイル指南書が発売されました。『センスのいい女は安い服をおしゃれに見せるワザを持っている』(幻冬社)から、大人女子が知っておきたい”スタイリングの掟”を読み解きます。

これで安価服をモデルバランスで着こなせるようになれるかも!?

 

■3つの首見せで叶える華奢バランス

ハンサムな着こなしで味気なくなりがちな、トレンチコート・クラッチ・デニムを”いい女風”に着こなしています。

一見、背が低い人には難しそうな着こなしですが、自分のバランスさえ押さえてしまえば身長に関係なく着こなしを真似できるスタイルです。

自分の手首・足首・首筋がすっきり見える部位を見つけて、部位を見せることを着こなしの一部にしてしまいましょう。スタイリングを試す時は、靴とバッグも身につけた状態で、必ず全身鏡でチェックしましょう。

ヒールの高さによって、華奢に見える部位がやや変わることがあるからです。3つの首は女性の華奢ポイント。部位のチラ見せで痩せ見えや上品な雰囲気を足すことができます。

 

■定番白シャツの着こなしと選び方

オフィスで使用頻度の高い、ベーシックな白シャツの着こなし方。いつも同じスタイリングになっていませんか? 素材感をいかしたたゆませ具合や、上手な肌見せ具合がわかりやすく説明されています。

定番服を多様に着こなせると、オシャレな人に見えることは間違いありません。白シャツを選ぶときは、できるだけオフィスの蛍光灯に近いライトの下で、顔色が明るく見えるかを基準に購入してみましょう。

同じ白でも、やや黄・青・ピンクがかった白のうち、自分の肌色と相性が良い白の種類を知っておきましょう。上半身に白をもってくると、撮影時のレフ板のように顔を明るくしてくれる効果も期待できます。

安価服で気をつけたいのは、白の透け感。下着が透けてしまう生地は重ね着が必要になるので避けたいところです。

 

■オフィスでは縦長を意識して

アルファベットのYを逆さまにしたような、ふんわり素材のチュールスカートなどは、できれば休日や、自由服出勤の日にとっておきましょう。日頃の着こなしに、アルファベットのIラインを強調すると、仕事ができるスマートな人という印象を演出できます。

長いパールネックレスや、丈長の細身セーターで縦ラインを作ると、流行のガウチョやワイドパンツでは下半身の太さが気になる人も、上手に縦バランスを取り入れられるでしょう。

 

以上、大人女子が知っておきたい”スタイリングの掟”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

コツを自分のものにしてしまえば、クローゼットで眠っている服を、再び外出着にしたくなるかもしれませんね。

 

あわせて読みたい